13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|訓練問題によって理解を深め十分頭にいれ基盤を固めてから…。

2017-06-13 16:20:05 | 日記

法律を専門に学ぶ法科大学院卒でも、不合格結果がもたらされることもありえるほどなので、効率的な質の高い勉強法をよく考えてチャレンジしなければ、公認会計士試験にて合格を果たすというのは容易なことではございません。
原則的に公認会計士試験については、歳ですとか性別・学歴・職歴などという制約はありませんから、どんな人であろうと試験を受けることができるようになっています。万一法律につきましての知識を持っていないビギナーでありましても、キッチリ試験対策をして挑めば、合格することも可能です!
法律で平成18年より、公認会計士試験に関しましては、様々に変化しました。それまでよりも法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、多肢択一式の問題をはじめ、記述式の試験問題のような今までなかった流れの問題も見られるようになっています。
当HPにつきましては、現役にて活躍をしている百戦錬磨の公認会計士が、公認会計士試験の有効な勉強法を教え、あらゆる公認会計士を取り扱う通信講座の巷での評判、口コミ投稿etc.の情報をコレクトし、分かりやすく解説しておりますウェブサイトです。
今日び公認会計士試験対策用の、ネットサイトですとか、現役の先輩公認会計士が、受験者を対象にして勉強方法を記したメルマガ等を提供しており、情報能力またやる気をより高めるにも役立つかと思います。

リアルに会計事務所OR公認会計士事務所にて、経験&実力を積み増しながら、徐々に頑張っていくやり方を選ぶ人ならば、あえて言うならば通信講座が最善といえるでしょう。
近ごろは、学校に通って授業を受講しているとした方たちと、あんまり差が無い試験勉強をすることが可能です。そちらの点を現実のものとしますのが、今においては公認会計士資格の通信講座の主流の学習材となっております映像教材のDVDです。
司法試験と同じような勉強法での進め方であると、新参の公認会計士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、トータルの勉強量が膨大になりやすいです。その上望むような結果は生じず、需給バランスがあまりよくありません。
訓練問題によって理解を深め十分頭にいれ基盤を固めてから、実践に基づく応用の問題へと変えていく、いわゆる王道の勉強法をし続けるというのが、公認会計士試験の上で会計科目の簿記論におきましては、かなり効果的みたいです。
ちょっと前までは合格率の数字が10%強に落ち着いていた公認会計士試験でございましたが、昨今は、一桁台にて停滞しております。合格率一桁とした場合、高い難易度の国家資格として、考えてもいいでしょう。

実際日商簿記1・2級を独学スタイルで、合格を得た方でありましたら、公認会計士試験におきまして簿記論及び財務諸表論の2種の教科だけは、同じく完全独学で合格を可能にするのも、なしえないことではないといえます。
通常公認会計士試験は、高難易度とよく言われる、国家資格の1つでございます。ここでは、夢の公認会計士試験に確実に合格するために知っておきたい勉強法などを、私自身の合格出来るまでの経験を基本としてアップします。
国家資格の中においても上位に入っている位の難易度として名高い公認会計士試験の内容は、憲法はじめ11の科目の法律から広く難しい問題が出るため、合格しようとしているならば、長期間の勉強時間の確保が必要になってきます。
一般的に合格率の値は、公認会計士資格取得の難易度の現状を把握できる確たる指標の1つですが、最近、この比率が顕著に落ち込んできていて、受験生たちが注目しています。
事実公認会計士試験は、生半可なものじゃないです。合格率の数字は、およそ全体の10%程度です。しかしながら、一回に限った試験で挑むのではなく、何年かにわたって合格獲得を目指すのであったら、そんなにハードなことではないといえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|基本5つの科目... | トップ | 公認会計士|大手中心に大抵... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL