13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|基本的に通信教育の講座では…。

2017-08-09 09:20:05 | 日記

公認会計士試験につきましては、実質的には記述式の筆記試験だけしか存在していないというように、思っていて構わないといえます。どうしてかというと、直接の口述試験は、9割の確率で不合格扱いにならない形式的な試験だからです。
一般的に公認会計士のピンチヒッターにもなれる暮らしの法律家として、社会貢献が期待されております公認会計士に関しましては、社会の中で地位の高いとされる資格です。それに伴い、試験の難易度レベルも相当ハイレベルです。
基本的に通信教育の講座では、公認会計士試験に焦点をあてた打つ手を完璧に取り扱っている、オリジナルの教材がつくられていますので、独学で取り組むよりも学習一連の流れがキャッチしやすくて、学習がしやすいと断言します。
ちょうど今、あるいは近い将来、公認会計士試験に自分ひとりの力で独学で受験を行う人達に向けた、多様な情報等を配信するサイトです。サイト内では合格を目指すためのキーポイントまた、リアルな仕事の全容、魅力的な点などを展開しております。
そもそも公認会計士試験とは、生易しい試験ではございません。合格率の値は、大体10%ほどです。しかしながら、一回に限った試験で挑むのではなく、数年にわたり合格を狙うのであれば、著しく難度が高いものではないと思われます。

毎年全教科の合格率の平均数値は、概ね1割とされ、他にある難関といわれる資格よりも、合格率が高くなっているように思ってしまうかもしれませんが、それに関しては各試験科目の合格率の割合であり、公認会計士試験丸ごとの合格率ではないですから、ご注意を。
簿記論の教科に関しましては、把握しないといけない内容量は大量なわけですが、ほぼ全部計算形式の問題でつくられているので、公認会計士資格取得は国家資格の中では、比較的独学で臨んでも、学習しやすいカテゴリーの試験科目といわれております。
昔から毎年、2〜3万人の受験生が試験を受けて、たった600〜900名少々しか、合格判定を得ることが出来ません。こうした現状を見ても、公認会計士試験の難易度の様子がわかるでしょう。
つい最近は公認会計士試験に勝つための、オンライン上のポータルサイトとか、現役の先輩公認会計士が、受験者を対象にして定期的にメルマガなどを配信するサービスなどを行い、情報収集の力のみならずやる気を保つためにも使えると思われます。
全て独学での公認会計士試験に向けての勉強法を選定する折に、まさに問題となりますのは、勉強中に疑問と感じることが生じた場合があれど、質問をすることが不可能なことです。

先々公認会計士の勉強に取り掛かるという人にとっては、「公認会計士試験に関しては、いかほどの学習時間を保持したら合格できるんだろうか?」というようなことが、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。
現実的に公認会計士試験の目立った特徴を示しますと、定められた基準を軸に評価する試験で行われていて、合格判定の合計人数を取り決めていないので、結果として試験の問題の難易度の加減が、リアルにそのまま合格率に現れます。
一般的に公認会計士試験を独学で合格することは、難関ではありますが、勉強スタイルを効率的にするとか、有益な情報をちゃんと見聞きすることによって、短いスパンで合格を勝ち得ることも、可能になります。
昔から公認会計士試験においては、壁が高いと認識されている、国家資格として挙げられます。こちらのページでは、公認会計士試験にストレートで合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、私の合格するまでのリアルな実体験をベースに色々記そうと思います。
一般的に公認会計士試験は、年齢・性別といった受験の資格は設けられていなくて、どこの学校を卒業したかという学歴は条件に入っていません。今に至るまで、例え法律に関しての勉強をしたことがなくっても、名の通ったいい大学卒でなくとも、そんなことは関係なく公認会計士資格取得はできます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|法律系の大学を... | トップ | 公認会計士|基本的に会計分... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL