13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|資格試験を受験する前に会計事務所あるいは公認会計士事務所に入社し…。

2017-06-17 18:00:05 | 日記

現実的に完全独学での公認会計士試験に向けての勉強法をセレクトするケースで、特に問題としてあがるのは、学習している中にて気になる点等があるといった場合があっても、回答を求めることができないということでしょう。
今日び、公認会計士試験の合格率の数値は、およそ2〜3%ぐらいとなっています。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間との釣り合いに着目しますと、公認会計士の資格取得試験がどれ程難易度レベルが高いものであるかご想像いただけるかと思われます。
例年全受験科目の平均合格率の数字につきましては、10〜12%ほどで推移し、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が高いように感じがちですけれど、これに関しては教科毎の合格率の数値で、公認会計士試験全部の合格率ではありませんから、覚えておいてください。
基本として、公認会計士試験に誰にも頼らずに自分の力で独学で合格を可能にするというのは、非常に困難であるという事実をしっかり見定めておくようにしましょう。それに関しては各年の合格率の割合が10%いかない事実があることからも、まざまざと知りえることでございます。
実際に事前の法律に関しての経験などないのにも関わらずに、短期の間で公認会計士試験にて合格を可能にした先輩もいたりします。彼らのほとんどに共通して見られるポイントは、皆個々にとって適切な「確実な勉強法」を選ぶことができたことといえます。

法律を専門に勉強しておらずとも、過去に実務経験無しでも公認会計士にはなれるわけですが、けれどもそれだけ完全に独学であるケースは、学習時間も相当要します。当方も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、身をもって思います。
もしも日商簿記検定の1級か2級を完全独学で、合格をゲットされた受験生ならば、公認会計士試験の必須教科の簿記論&財務諸表論の2つのみは、基礎があるので独学で合格を得るというのも、厳しい事柄ではないといえるかもしれません。
昼間サラリーマンとして勤務しながら、公認会計士の資格を得ようとしている方たちも多数いるようなので、自身の実施できることを限られた時間の中で毎日少しずつ継続して行っていくというのが、公認会計士試験にて合格を獲得するための1番近道になるといえるでしょう。
実際くらしの法律専門家として、様々な問題の解決などでサポートする役目を果たす公認会計士の試験を受ける場合に、資格については必要有りません。誰であってもチャレンジ可能なので、沢山ある通信教育の中におきましても、性別は関係なしに幅広い層の方達から支持されている資格に挙げられています。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは公認会計士事務所に入社し、本格的な経験を重ねていきながら、コツコツ勉強していくとした方は、通信講座の勉強法がベターと考えます。

今日の公認会計士に関しては、めちゃくちゃ高難易度の試験で、通信教育をどれにするかで、合否判定が決まってしまいます。しかしながら、数え切れないくらいの会社があるため、いずれを選ぶといいものか、皆さん迷われるようです。
合格率の数字が全体の7%前後とすると、公認会計士の資格試験については超難易度が高度そうですが、基準点の最低でも60%以上の問題が合ったならば、合格を勝ち得ることは間違いないといえます。
練習問題により基礎的な学習能力を養い基礎の部分を掴んだ後、具体的な学習問題へと変えていく、基本の勉強法で取り組むのが、公認会計士試験のうちの簿記論に向けては、効果が期待できるみたいです。
他と比較してリーズナブルな受講料金や出題の範囲をセレクトし、学習ボリュームを少なめに設けた独自の教程、質の高い教科書などが評判の通信講座の『フォーサイト』。最近公認会計士資格の通信講座と言えばこれ以外に無い、といわれているくらい、大変好評です。
合間の時間を有効に使って、勉学に励めますので、仕事をしながらまた家事などと折り合いをつけて公認会計士の資格取得をしようと考えがある受験生には、通信講座(通信教育)の受講は、ひときわ有効でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に専門的特... | トップ | 公認会計士|実際9月時期から…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL