13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|実際日商簿記1・2級を完全独学で…。

2017-07-12 20:20:04 | 日記

合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、合計勉強時間のリスキーな点を考えると、公認会計士資格取得の受験に関しましては予備校主催の通信講座、その他には通学しての講座受講を活用すると言ったのが、安全と言えそうです。
現場において「法律的に客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」であるかそうじゃないかを判別するような、すこぶる難易度が高度な試験に変化してきているのが、今時の公認会計士試験の現況ではないでしょうか。
実際に事前の法律知識が一切無いのに、短期の間で公認会計士試験にて合格を可能にした方もいます。合格をした方々に同様に共通している点は、皆個々にとって適切な「確実な勉強法」を選定することができたことです。
言ってしまえば試験での点数には「足切り点」といいます怖いシステムが、公認会計士試験には存在します。簡潔に言えば、「一定レベルの点に不足しているならば、不合格扱いになる」という基準の点数があるんです。
公認会計士の試験で合格するためには、原則的に効率良い勉強法でのやり方が、何より大事といえるでしょう。当サイトにおきましては、公認会計士試験の予定及び問題集の選択方法など、受験生たちに有効な多種多様な情報をアップ中です。

実際日商簿記1・2級を完全独学で、合格をゲットされた受験生ならば、公認会計士試験においての簿記論及び財務諸表論の2種の教科に限定しては、ともに独学で合格を狙おうとすることも、なしえないわけではないと思います。
基本的に演習問題を何度も繰り返して詳しく知り基礎を築いた後、実践的&総括的な問題へとシフトする、基本の勉強法をやっていくのが、公認会計士試験の内におけます簿記論の教科については、効果が期待できるみたいです。
法科大学院(専門職大学院)の修了者であれど、合格できないことが無いわけはないので、つぼを押さえた効果的な勉強法を熟考し真面目に取り組まなければ、公認会計士試験合格を実現するということは厳しいでしょう。
リアルタイムで、あるいはこれから、公認会計士にオール独学にてチャレンジする受験生対象の、多様な情報等を配信するサイトです。当サイトにおいては合格する為の学習方法の秘訣やまた、現場の仕事内容、並びに仕事の魅力などを定期的に配信しております。
国家試験の公認会計士試験における合格者の合格率は、10%位と、高い難易度であるとよく言われているにしては、他と比較して高合格率となっています。だけど、一度の挑戦で合格を手にするのは、可能性がほぼゼロであると昔から言われているようです。

低プライスや対応する範囲を絞り込んで、費やす学習量を少なくしたカリキュラム設定、ハイクオリティの教材関係などが人気を得ている通信教育サービスのフォーサイト。公認会計士の通信講座と言えばこの会社!と断言できるくらい、高い人気がございます。
法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は、会社を経営するうえにおいて、根本に必要とされる基礎知識となっています。さりとて、暗記することがいっぱいあることにより、しばしば公認会計士試験のナンバーワンに厳しい関所といった風に伝えられています。
会社に勤務しながら資格の取得を目指して学習して、ようやっと3度の試験にて公認会計士合格を果たした、私本人の過去を振り返っても、このところ2〜3年の間の難易度に関しては、めちゃくちゃ高めの傾向があるような気がしております。
一般的に高難度として周知されている公認会計士試験の難易度は、とっても高いものとなっていて、合格率の割合も大体3%未満と、法律系の国家資格の中でも、有数の難関の試験となっています。
公認会計士試験の簿記論については、内容のボリューム量は実に多々ですが、100パーセントの確率で計算する問題で出されるので、公認会計士に合格するには他の国家資格と比べても、一から独学でやっても、勉強がとりかかりやすいタイプの科目に当たります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に法人税法... | トップ | 公認会計士|以前は合格率が1... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL