13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|常に何でも「法律を基軸とした物事を捉えられる人間」であるかどうであるのかといったことを見定められているみたいな…。

2017-08-05 21:50:03 | 日記

会計と税務の個別論点の中身をしはじめたら、関係する試験の演習問題に出来る範囲で取り組んで、しっかり問題を解き慣れるようにしておくという勉強法を新たに盛り込むというのも、公認会計士試験の中での簿記論対策に関しましてはスゴク効果が高くなります。
エキスパート講師陣にその場で見てもらえる学校へ行く良い点については、魅力なのですが、安定した気持ちを持続できたならば、公認会計士資格取得通信教育で学習を行うことにより、満足のいく力をつけていくことが出来るはず。
高度な知識や経験を必要とする内容であるため、難易度高ですが、基本的に公認会計士試験につきましては、1度に全部合格する必要の無い科目合格制度を設定しておりますので、一つの教科毎に複数年かけ分けて合格することも、いい国家試験とされます。
会社に勤務しながら寝る間を惜しんで勉強に励み、ようやく3回目の受験で公認会計士の合格を勝ち取った、自らの実際の体験を顧みても、最近の難易度は、明らかに上がりつつあるとした印象を持っています。
実際に公認会計士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、壁が厚いですけれども、勉強手段に工夫を加えたり、必要な情報をコレクトしていくことで、ごく短期間で合格を勝ち得ることも、可能といえるでしょう。

根本的に通信教育に関しましては、テキストはじめ教材全体の質が大きな影響を及ぼします。このところDVDはじめPCで見るオンライン配信のような映像での講座も豊富ですが、公認会計士の予備校毎に、詳細な内容は大分相違します。
これまで素人で法律についての知識を全く持っていないのに、僅かな期間で公認会計士試験合格を果たす方たちもいます。彼らのほとんどに共通する部分は、自らに合う「効率的な勉強法」を確立したことです。
実際現在の公認会計士においては、相当試験の難易度のレベルが高くなっていて、通信教育をどれにするかで、受かるか・落ちるかが決まります。けれども、沢山の会社が存在しているから、どこを選ぶといいものか、悩む方も多いかと思います。
常に何でも「法律を基軸とした物事を捉えられる人間」であるかどうであるのかといったことを見定められているみたいな、すこぶる難易度アップの試験といわれているのが、ここ最近の公認会計士試験の実際の様子と感じております。
各年、2〜3万近くがチャレンジし、その中の600人〜最高900人前後ぐらいだけしか、合格判定を得ることが出来ません。この現況に注視しましても、公認会計士試験の難易度レベルが高度であることがわかるといえます。

一般的に公認会計士試験は、ハードルが高いとされている、国家資格の一つであります。ここにおいては、目的の公認会計士試験に必ずや合格するために知っておきたい勉強法などを、当サイトの管理人自らの合格を叶えるまでの体験記を基とし詳細に書きます。
現実国家試験の公認会計士試験の合格者の合格率は、10%強と、超難関と知られている割には、比較的高い合格率となっております。けれど、1回で合格を実現するのは、不可能に近いと言っても過言ではありません。
一般的に科目合格制の、公認会計士試験につきましては、1度の機会に、5科目全てを受験することはしなくてよくって、各々の科目に分けてチャレンジしても良いということになっています。合格を果たした科目につきましては、この先公認会計士になるまで有効なのです。
現実、公認会計士を目指すといった際については、オール独学で合格しようとするとした人たちがそんなにいないといったこともあって、現状他の国家資格試験に比べると、役に立ちそうな市販の学習材も十分に、本屋さんに売っていません。
実際に公認会計士試験とは、公認会計士を生業にするために必須の造詣の深さ、そしてそれを現場で活かせる力量が十分あるのかないのかを、チェックすることを主要な目的として、実行する難しい国家試験であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|難しい国家試験... | トップ | 公認会計士|実際に科目合格... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL