13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|無論…。

2017-06-16 05:10:02 | 日記

受講料が30万円以上かかる、さもなくば50万円〜必要な、公認会計士向けの通信講座も珍しいことではございません。それについては契約期間も、1年強の長期の計画で設定されていることが、しばしばございます。
実際に公認会計士試験では、各々の科目あたり2時間しか受験時間があてられておりません。受験する人たちはその制限時間の範囲内で、合格レベルに達する点を取らないといけない為に、至極当然ですけれど問題回答の早さは必須事項です。
現在の公認会計士試験におきましては、実際上は筆記試験(記述式問題)だけしか無いというように、判断して問題ないです。と言いますのは、もう一つの口述試験は、よっぽどの事が無い限りまず落ちることは無いような容易な試験のためであります。
無論、公認会計士試験にトライするという際におきましては、半端な行動では良い成果を得ることが出来ない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。つまるところ費やすことができる貴重な時間を手際よく使い勉強に努めたという方のみが、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
少し前までは合格率の値が10%位をキープしていた公認会計士試験も、昨今は、1割以下の率であり続けています。合格率が一桁でありますと、難易度レベル高の国家資格の中の一つとして、認知されることになります。

毎年公認会計士の合格率は、1・2%程度と認識されています。近ごろ、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院とした新規の教育施設が設立されて、全部の教育課程を終えれば、新司法試験を受験する折の必須資格を得ることが出来ます。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、合格できないことがあるぐらいですから、ツボを押さえた効率のいい勉強法を理解した上でチャレンジしなければ、公認会計士資格取得試験に合格するのは手ごわいでしょう。
国家資格の中においても、高い難易度とされている公認会計士とされておりますが、他よりも合格へ行き着くまでの道がキツイからこそ、ついに資格取得を果たした先は就職先が沢山あるということや年収アップ、一層権威ある地位をゲットできる見込みもあります。
一般的に公認会計士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、とてもハードルが高いのですが、それでも挑んでみたいとやる気がある人は、第一に会計の科目の勉強からし始めるとベターでしょう。
合格率の数字が3%強の狭き門とされる、公認会計士試験合格を目指すには、全て独学での勉強だけで臨むのは、ハードな事例が大いにあり、専門スクールに行くか、自宅で通信教育を受講して受験に向けて勉強をするのがほとんどであります。

公認会計士試験の受験勉強をする上では、長時間集中力の持続が出来なかったり、モチベーションアップがしんどかったりとウィークポイントも結構あったわけですけど、総合的に見てこの通信講座で、満足のいく結果が出たように思われます。
現実会計事務所やもしくは公認会計士事務所に勤務して、現場歴を積み重ねつつ、堅実に学んでいくというタイプの方は、通信講座の学習方法がマッチしているだと言えるのではないでしょうか。
一般的に5分野の科目合格にまで、長期間にわたってしまう公認会計士試験では、継続して学習する時間をさくことが可能な状況が、重要なポイントになり、通信教育のコースにつきましては、なおさらそういうことが関与してきます。
2006年度から、公認会計士試験の中味につきましては、大分訂正されました。今は法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢択一の問題であったり、論述式問題のようなこれまでになかった形式の問題も広く出題されています。
今まで法律の知識になんて一度も触れたことなど無いのに、短期間の勉強期間にて公認会計士試験に合格できるツワモノもいます。彼らの過半数以上にある共通される事柄は、例外なく自分にフィットした「質の高い勉強法」を確立したことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に公認会計... | トップ | 公認会計士|公認会計士の代... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL