13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|昨今の公認会計士につきましては…。

2017-07-12 09:00:02 | 日記

一般的に国内におきましても最上の高い難易度という公認会計士試験は、憲法はじめ11の科目の法律から幅広い設問があるので、合格を獲得しようとするには、長期的な学習をすることが必ずいります。
実際に費やすお金が30万円以上、もしくは50万を超える額の、公認会計士試験向けの通信講座というのもしばしば見かけます。この場合講座を受講する期間も、1年を上回る長期スケジュールのカリキュラムとなっているケースが、一般的です。
やっぱり公認会計士試験を受験するにあたっては、中途半端な取り組みであったらいい結果が出ない、困難な試験だというように強く思います。空いた時間を効率良く&集中して使用し試験勉強に取り組んだ人が合格を手にすることができる実力本位の試験です。
平たく言うと第一段階合格最低点の「足切り点」といいます仕組みが、公認会計士試験におきましてはございます。すなわち、「規準点に足りていないなら、不合格となります」というような点が用意されているのです。
講義を収録したDVDや、テキストブックを見ての勉強のやり方に、少しだけ不安を持っていますけれど、現に通信講座を利用して、公認会計士の難関資格を取った先輩方も多くいらっしゃるし、完全独学でやるよりは、安心できるのではないかなと思っています。

国家試験の制度の修正を機に、かつてのどう転ぶか分からない博打的な不安要素が除かれ、現実的に能力があるのかどうかといったことが判別される試験に、今の公認会計士試験は大きく生まれ変わったんです。
こちらのネットサイトに関しましては、現役にて活躍をしている百戦錬磨の公認会計士が、公認会計士試験の能率的な勉強法のコツを紹介し、日本全国の公認会計士資格取得の通信講座の世間の人気度、口コミ・レビューなどの調査を行い、解説を行っている専門サイトであります。
通信講座を受ける際は、公認会計士であっても公認会計士であったとしましても、双方ご自宅宛で教科書などを発送して貰うことができますので、あなた自身の空いた時間に、勉強を行うといったことが可能となっています。
大抵の人は、名高い業者だからとか、無根拠のいい加減なきっかけで、考え無しに通信教育を選ぶもの。ですが、そのような姿勢では高レベルの公認会計士に、合格なんて出来るはずはありません。
昨今の公認会計士につきましては、リアルに合格率が6%位という統計が出ており、事務系国家資格のジャンルでは、ハードルが高い資格に入ります。ですけど、全問題中少なくとも6割正解できたら、絶対に合格実現できます。

実際消費税法の内容は、公認会計士試験の主な科目の中におきましては、言うほど難易度は高いものではなくて、最低限知っておくべき簿記の知識をちゃんと持ち合わせておくことで、割りにイージーに、合格点を満たすことができる可能性が高いです。
頑張って資格を取得し、この先「自分一人の力で挑戦したい」という確固たる願望を胸に抱いている方なら、公認会計士試験の難易度が高い場合でも、その荒波も間違いなく超えられるでしょう。
要領の悪い勉強法を実践して、自ら遠回りをしてしまうことほど、もったいないことはないです。何が何でも、手際の良い勉強法により短い年数で合格を見事果たして、公認会計士になろう。
実際に合格者の合格率が全体の7%前後とすると、公認会計士の試験の程度はとても難易度が高そうに思えますが、絶対評価で到達点数の総じて60%以上の受験問題がちゃんと正解することができたなら、試験に合格することは確実となります。
公認会計士につきましては、法律による資格試験の狭き門ながら、若者から中年まで広い層に人気があるその一方にて、見事合格した以降は、自ら公認会計士事務所を立ち上げ、最初から開業するという方法もOKな法律系の専門資格試験なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|出来れば万が一... | トップ | 公認会計士|非常に専門的な... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL