13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|以前は合格率が10%ぐらいが普通だった公認会計士試験でありましたけど…。

2017-07-13 01:10:03 | 日記

近年、公認会計士試験の事実上の合格率の数字は、およそ2〜3%ぐらいとなっています。必要なトータル勉強時間との釣り合いを一考すると、公認会計士国家試験がどれ程までに高難易度の試験であるのか頭に思い描けるはず。
通信教育につきましては、教材のクオリティが大きく影響します。今時はDVDだったりオンライン動画配信などの映像教材も増加していますが、公認会計士の各資格スクールによって、教育カリキュラムは相当違っております。
近ごろは公認会計士試験の対応策用の、オンラインサイトでありましたり、現役の先輩公認会計士が、受験生の為に知っておくべき要点をまとめたコラムなどを発信中で、情報集め・読解力&モチベーションを保つためにも役立つものではないかと思います。
公認会計士資格試験の合格率は、低く1〜2%前後というデータが出ています。最近では、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院という機関が新しくでき、その学科を卒業することによって、新司法試験を受験する折の必須資格が与えられます。
このインターネットサイト上では、公認会計士資格取得の通信教育を、しっかりチョイスすることができますように、ニュートラルな見方で評価できる情報を定期的に紹介していきます。そしてそれを参考にして、この先は己自身でコレと言うものを選んでくださいね。

基本的に公認会計士試験に関しましては、やさしい試験とはいえません。例年平均合格率は、たった10%〜12%となっております。けれど、一発試験ではなく、数年かけて合格を獲得しようというのであったら、特別ハードなことではないといえるでしょう。
現実的に公認会計士試験の目立った特色に関しては、達成度を評価する試験とされているもので、合格者数の定員を先立って設けていないため、言ってしまえば試験問題の難易度そのものが、明確に合格率に大きく反映されることになります。
いろんなメリットがある、公認会計士の資格予備校に通っての勉強法でありますが、現実十万を超えるそれ相当の投資額が必須ですから、誰もが取り組めるとは言えるはずもありません。
実際に独学での公認会計士を狙う勉強法を選ぶ状況で、殊の外障壁となり得るのは、勉強をしているうちに何か疑問事項が見つかった場合に、誰にも聞くことが出来ないことです。
公認会計士試験で合格を勝ち取るには、効率の良い勉強法で進めるのが、最もマストです。当ホームページでは、公認会計士試験の予定表をはじめとした参考文献の選び方等、受験生に向けて重宝する多様な情報をアップしております。

以前は合格率が10%ぐらいが普通だった公認会計士試験でありましたけど、今現在、1割に届かない数値となっております。合格率一桁のケースですと、高い難易度とされるランキング上位の国家資格として、捉えられるでしょう。
様々な資格講座が用意されているユーキャンの公認会計士の試験対策講座は、年毎に約2万人位から受講申込があり、何にも知識が無いような素人だとしても、地道に資格が取得することができるコツや学習法を一からマスターすることが可能である、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。
輪にかけて難しいと誰もが知る公認会計士試験の難易度の水準は、大変高めのものになっており、合格率を見ても僅か3%くらいと、国内の国家資格の中でも、トップを誇るまさに難関試験とされています。
前々から、法律の知識ゼロより開始して、公認会計士試験合格に最低限必要とされる試験勉強時間は、通常「3000時間以上」と知られています。現実を見ても、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
国家資格取得をするための講座が受けられる専門スクールも勉強の方法も多様に取り揃っております。それゆえ、多々の公認会計士向けの講座の中から、社会人で忙しい受験者でも学業に励むことができる、通信講座を開催しているスクールをピックアップし比較しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際日商簿記1・... | トップ | 公認会計士|公認会計士資格... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL