13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|大手中心に大抵の資格取得専門学校では…。

2017-06-13 21:10:02 | 日記

基本的に公認会計士試験につきましては、詳しい受験の制約なんてなくって、どこの学校を卒業したかという学歴は一切関係ないものであります。したがって、今までに、法律についての勉強を1度たりともしたことがないケースであれど、頭の良い大学卒の経歴が無くとも、公認会計士の資格は取得可能となっています。
ここ数年の公認会計士は、とっても試験の難易度のレベルが高くなっていて、いずれの通信教育を選ぶかによって、受かるか・落ちるかが決まります。ですが、同業社がいっぱいあるので、どこにすると合格への道に近いか、思い迷う人も大勢おられるでしょう。
現実的に合格率3%前後の難易度の高い、公認会計士試験において合格を獲得するには、全て独学での試験勉強だけでは、一筋縄ではいかないことが多々あって、予備校に通学するか、通信講座(通信教育)にて試験勉強するのが一般的といえます。
学校で法律を学んでいなくっても、過去に実務経験無しでも公認会計士の国家資格はとれるものですが、当然その分ゼロから独学で進める方は、めちゃくちゃ勉強しなければいけないことも絶対に大事。己自身も独学スタイルで合格を得たので、それをかなり実感しております。
これまでは公認会計士試験を受けても、他の資格と比べて取得しやすい国家資格であると認識されてきたわけですが、つい最近においてはとっても難関資格になっていて、他の資格よりも合格への道が簡単ではない資格となっています。

当ウェブサイトは、公認会計士のスペシャリストが、公認会計士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法の指導はじめ、主な公認会計士向けの通信講座の受験生間においての人気の現状、口コミ・レビューなどの情報を収集し、解説を載せているインターネットサイトでございます。
大手中心に大抵の資格取得専門学校では、公認会計士資格取得を目指す通信教育が提供されています。そんな中には、iPod・USBメモリなどの携帯機器などを利用して、今の時代において最新の通信教育を受講することができる、資格学校や専門学校もあったりします。
目下、あるいはこの先、公認会計士の資格を得るのに一切独学で試験を受ける人を対象として公開しております、総合情報ニュースサイトであります。当サイトにおいては合格する為の掴んでおきたいコツであったりまた、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などをお届けしています。
現在の公認会計士試験におきましては、基本筆記による試験だけしか無いものであると、考えていいです。どうしてかというと、口頭での試験は、よほどでないと落ちるようなことがない試験内容だからです。
大抵、公認会計士試験に一切独学で合格を叶えるのは、非常に困難であるという事実をしっかり見定めておくようにしましょう。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%を超えることのない事実があることからも、誰の目にも明らかに想像できるはずであります。

実際司法試験と近い勉強法でありますと、新たな公認会計士試験のみに集中する専業の受験生より、全体の勉強量が非常に沢山になりがちであります。そればかりか条件に見合った成果は見られず、費用対効果が望めません。
最近公認会計士の通信講座にて、一際イチ押ししたいのは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。用いるテキストセットについては、公認会計士の受験生の中で、最良のテキスト書だと評判となっています。
すべて独学で通しているけど、勉強時間の管理や学習スタイルに対することなど、リスクを感じる等々の際は、公認会計士試験に狙いを定めた通信講座で学ぶというのも、いわゆる一つのやり方といえるでしょう。
今の時点に皆さんが、公認会計士の合格ゲットまでの道のり体験日記なんかを、あれこれサーチして確認している行動をとっているのは、きっと、どういった勉強法がご自身により適正であるのか、考えあぐねているからでしょう。
実際とても難しいといったように言われております公認会計士試験の難易度の程度は、物凄く厳しく、合格率の数値も僅か3%くらいと、法律関係の国家資格の中におきましても、上位を誇っているド級の難関試験なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|訓練問題によっ... | トップ | 公認会計士|資格専門スクー... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL