13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|前から…。

2017-07-11 15:30:04 | 日記

最初から会計事務所だとか公認会計士事務所で働いて、実務経験を積み増しながら、コツコツしっかり学ぶという考えを持つ受験生は、通信講座を選択する方が適切かと思います。
各々の教科の合格率の数値は、ザッと1割位と、各科目とも難易度のレベルが高い水準の公認会計士試験は、1回に全部合格する必要の無いので、社会人をしながら合格できる、間口の広い資格といえます。
最難関の「理論暗記」から公認会計士試験の効率良い勉強法及び頭脳の開発、速聴や速読といったことなどについても完全に追求!そのこと以外にも暗記テクニックでありましたり、勉強を行う時に、便利なツール等様々な情報をピックアップいたします。
一般的に公認会計士のピンチヒッターにもなれる街の法律屋さんとして、活躍の期待が寄せられている公認会計士の肩書きは、威信を伴う資格の一つです。だからこそ、試験の難易度の度合いにつきましても物凄くハイレベルです。
原則的に独学で勉強して、合格を叶えるといったことは、無理ではありません。とは言っても、事実公認会計士は10人試験に臨んでも、合格者が0人のケースもある超難易度の高い試験とされています。難関突破するには、確実な勉強スタイル・術をマスターするべきです。

リーズナブルな値段設定や出題される範囲をピックアップし、学習量・時間を減らしたスケジュール、質の高い教材一式などが人気である通信教育の「フォーサイト」。公認会計士の通信講座ならどこよりココ!と断定できるほど、受験生の間で人気となっています。
前から、法律知識がゼロの段階からスタートして、公認会計士試験合格に要されるトータル学習時間は、大体「3000時間強」と周知されています。実際のところ、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間超とされています。
一般的に公認会計士試験を独学で合格することは、超困難ですけれど、勉強の方法を上手く工夫するとか、沢山の情報を確実に整理することで、短いスケジュールで試験合格を果たすのも、可能になります。
現に学費が最低30万円を越す、もしくは50万円以上の金額の、公認会計士対象の通信講座というのもしばしば見かけます。これに関しましては受講スパンも、1年強の長期にわたっての教育コースになっていることが、普通にあります。
日中会社に通勤しながら資格取得の勉強をこなし、やっと3回目の試験で公認会計士に合格できた、自身の過去を振り返っても、昨今の難易度は、物凄く厳しくなってきているのではないでしょうか。

通常5科目合格を叶えるまでに、長いスパンを要する公認会計士資格受験では、継続して勉強ができる安定した環境が、合格への大事な要素となり、現実的に通信教育のコースは、まさにそういうことが言えるかと思います。
現実的に完全独学での公認会計士の勉強法をセレクトするケースで、1番問題としてあらわれやすいのは、勉強をしている中で分からない点などがあるといった折に、教えてくれる人がいないことです。
毎年毎年、公認会計士試験の現実的な合格率については、たった2〜3%です。必要なトータル勉強時間との釣り合いを一考すると、公認会計士の試験がどれほど難易度レベルが高いものであるか見通すことができるでしょう。
合格率の値が平均7%といいますと、公認会計士の資格試験としては非常に難易度が高そうに思えますが、絶対評価による達成点数の総体的に60%を超える問題に正解できたら、合格を勝ち取ることは確実であります。
目下皆様が、人気No.1公認会計士の合格までの詳しい体験記録を、様々に見つけてチェックしている要因は、十中八九、どういった勉強法やスタイルがご自分にベストなのか、悩んでいるからではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|はじめから独学... | トップ | 公認会計士|実際公認会計士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL