13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|今あなた達が…。

2017-07-14 14:10:02 | 日記

本当に公認会計士試験に挑戦する場合には、全身全霊を傾けないと合格への道が遠くなる、ハイレベルな試験であるといったように思えます。空いた時間をなるべく合理的に使用し試験勉強に取り組んだ人が結果合格することが可能な試験なのであります。
近年、公認会計士試験の事実上の合格率の数字は、2〜3%前後とされております。勉強にあてる総時間数とのバランスを一考すると、公認会計士の試験内容がいかに高い難度であるか想像出来るでしょう。
従前は合格率1割以上が普通だった公認会計士試験でありましたけど、昨今は、10パーセント以下が続いております。合格率が全体の一桁といいますと、難易度が厳しい法律系国家資格のひとつとして、考えてもいいでしょう。
実際に公認会計士試験に関しては、超難しいです。毎年合格率は、おおよそ10%位です。けれども、一度だけの試験にかけないで、長期間かけて合格を得ようとするならば、著しく難しいことではありません。
合格率の数字が全体の内の7%だと言われると、公認会計士の資格試験の内容は相当難易度が高く難関そうにみえるけれども、絶対評価で到達点数の合計60%以上の試験問題が合えば、合格するということは絶対でしょう。

実際公認会計士におきましては、国家資格認定試験のハードルとして、あらゆる世代に支持されているのですが、また合格が決まった未来には、いざ公認の個人事務所を持って、いきなり開くのも実現できる法律系専門資格試験となっています。
税金について定められている消費税法は、公認会計士試験科目内では、あまり難易度は高度ではないもので、簿記の基礎知識をいくらか持つことができていれば、割り方簡単に、合格点数のボーダーを越すことが実現できるはずです。
日本の法人税法に関しては、事業所を運営する中で、必ず知っておくべき知識といえます。しかし、暗記することがいっぱいあることにより、公認会計士試験の科目の中でナンバーワンに厳しい関所という風に言われます。
通学講座及び通信講座の2種類をセットにして受講可能な、CMでも有名な「資格の大原」は、高精度の教材一式と、ベテランの講師たちにより、毎回公認会計士合格者の半分以上の合格者の成果を出す信頼と実績があります。
現実国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は、10%〜12%と、難しい試験とされているにしては、高めの合格率が出ております。とは言え、一度の挑戦で合格を叶えられるのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いということがわかっています。

難易度高の国家資格試験ですが、教科をひとつずつ何年かにわたって受験することが可能であるから、そんなわけで公認会計士試験におきましては、毎年毎年5万人以上の方たちが受験に臨む、資格試験です。
ベテランの先生たちに直々に指導を受けることが出来る専門スクール通学のプラスの面は、大いに魅力を感じますが、同じ精神状態さえずっと持続できたならば、公認会計士資格取得通信教育で学習を行うことにより、充分に実力を得ていくことが出来るかと思われます。
果たしてどんな参考書にて学ぶのかというのではなく、どの効率的な勉強法で取組みを行うのかといったことの方が、間違いなく公認会計士試験で合格を勝ち取るためには大切だと考えられます
法律系の学部を専攻しておらずとも、かつ今まで未経験者だとしても公認会計士を目指せますが、だからこそゼロから独学で進める方は、相当な学習量も要必須です。小生もオール独学で合格を手に入れたため、それをかなり実感しております。
今あなた達が、公認会計士の合格・資格取得までを書いたブログ等関係を、多々ネットなどで検索してチェックを入れる理由とは、大概が、どうした勉強法・やり方がご自身に最適であるのか、葛藤しているからでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|近ごろ公認会計... | トップ | 公認会計士|たった一人で独... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL