13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|実際合格率約3%の狭き門とされる…。

2017-06-16 19:40:04 | 日記

現実多くの方は、しばしば見聞きする会社だから間違いないなどの、何一つ手がかりもないテキトーな動機で、向こう見ずに通信教育を選んでしまっています。けれども、そういったことでは高難易度の公認会計士に、合格できるわけがありません。
受講代金が少なくとも30万円以上、コースによっては50数万円も負担しなければいけない、公認会計士の資格の通信講座も珍しくないものです。この場合講座を受講する期間も、1〜2年の長い月日の受講コースで組まれているといったことが、多いです。
本来公認会計士試験は、決して簡単なものではないです。合格率というのは、およそ全体の10%程度です。けれども、一度に限った試験ではなくって、長期間かけて合格を狙うつもりなら、著しくやれないことではないです。
昔は公認会計士試験に関しましては、他と比較して取得することが可能な資格なんて言い表されてきましたけれども、今日においては大層門戸が狭くなってきており、かなり合格を獲得することが容易でない資格になります。
ここ数年の公認会計士は、とても試験の難易度のレベルが高くなっていて、どこの通信教育を選択するかで、合否判定が決まってしまいます。だけど、同業社がいっぱいあるので、どこにすると1番良いのか、迷う方もおられるかと思われます。

メリットと思える点が多い、公認会計士の予備校通学での効率イイ勉強法ですけれども、現実的に数十万円を超える特定のお金が求められますから、どなたでも受けることが出来るというわけにはいきません。
実際公認会計士試験の合格率の割合は、10%〜12%と、高い難易度であるとよく言われているにしては、合格率が高いものとなっています。けれども、たった一度きりで合格を実現するのは、ほとんど0%と言っても過言ではありません。
各年、公認会計士試験合格者の合格率は、大体2〜3%程度でございます。勉強にあてる総時間数とのバランスに着目しますと、公認会計士資格取得試験がどんなに難易度レベルが高いものであるか見通すことができるでしょう。
お勤めしながら、公認会計士を狙う人も数多くおられるかと思いますから、いかに自分の勉強を日々着実にやっていく姿勢が、公認会計士試験の合格を実現できる早道となるのかもしれません。
現実的にいくつかの国家資格のなかでも、難易度が相当難しい公認会計士であるわけですが、合格するまでの道が厳しければ厳しいほど、やっと資格取得した未来は高い需要があることや報酬のアップ、また社会的地位を作り上げることができる可能性もございます。

基本演習問題をリピートし詳しく知り基礎的な部分をしっかり身に付けた後、実践の総合的な各問題へとチェンジする、いわゆる王道の勉強法をやっていくのが、公認会計士試験の上で簿記論を極めるには、大変有効性があるとされます。
実際合格率約3%の狭き門とされる、公認会計士試験にて合格をゲットするには、全部独学でやる学習のみでチャレンジするといったことは、手強い場合がとても多くて、学校に通うかまたは、通信講座を受講して学習するのが多くの受験生の選択です。
実際5種の教科に合格できるまで、長い年月がかかる公認会計士国家試験では、継続して学習する時間をさくことが可能な環境づくりが、大きなキーポイントであり、通学以外の通信教育コースに関しましては、殊更そうした点が関与してきます。
こちらのHPサイトでは、公認会計士を対象とする通信教育を、満足のいくようにセレクトすることができるように、客観的な見方により評定できるデータを随時発信していきます。そして、その後はあなたが自分の目で取捨選択してください。
実際に「法的な視点で問題に接することが可能である人」であるかどうであるのかといったことをまるで問われるような、かなり高い難易度の試験となっておりますのが、ここ数年の公認会計士試験のリアルな現実というように思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|科目ごとの合格... | トップ | 公認会計士|はじめから会計... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL