13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|実際全科目における標準の合格率については…。

2017-07-16 01:10:02 | 日記

安価や対応する範囲を絞り込んで、学習の量を可能な限り少なめにしているタイムテーブル、高精度の教材関係などが好評の高合格率を誇るフォーサイト。公認会計士向けの通信講座ならばコレ、というように言われている位、評判であります。
全て独学オンリーで勉強を行うという、十分な自信は持っておりませんが、自分のテンポで学ぶようにしたい方には、どちらかといえば公認会計士の通信講座をセレクトした方が、打ってつけの進め方での勉強法でしょう。
平成18年の法令変更により、公認会計士試験に関しましては、かなり修正がされました。それまでよりも法令科目が、重点を置かれるようになって、択一式の試験問題や、40字記述式の問題というような今までには見られなかった新傾向問題も出されるようになっております。
実際に公認会計士試験に関しては、決して簡単なものではないです。毎回合格率は、概ね10%であります。とは言っても、一度の試験ではなしに、何年もかけることで合格する予定でありましたら、言うほど困難なことではないと思います。
実際に独学での公認会計士資格の勉強法を選ぶ状況で、殊更問題として発生しやすいのは、勉強に取り組んでいる途中に疑問と感じることが生じた折に、質問をすることが不可能なことです。

司法試験と同じ勉強法でありますと、事前知識の無い公認会計士試験に的を絞った受験生に比べてみて、勉強のボリュームが多大になりやすいものです。そればかりか適う成果は見られず、かけた費用と比較して見合った効果は得られません。
実際に国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は、10〜12%と、難関試験とされている割には、国家資格の中でも合格率が高めであります。ですが、1回で合格を可能にするのは、極めて困難で望みが薄いというのが現実のようです。
昔より、法律に関する知識が全くゼロの状態からやり始めて、公認会計士試験合格に欠かせない合計の勉強時間は、「3000時間少々」というデータがあります。現実的に見ても、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
厳しい関門といわれる「理論暗記」はじめ公認会計士試験のお勧めの勉強法かつまた効果が期待出来る頭脳のトレーニング、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましてもくまなく調べています!他暗記法の秘訣や勉強時に推奨したい、貢献する&実践的な各種ツールなどなどを多種多様にお教えします!
もともと科目合格制が採用されていることから、公認会計士試験は、多忙な社会人受験者も受験しやすくなっていますが、その代わり受験に費やす時間が長期になる可能性があります。なので、先人の方々のやってきた勉強法を手本にすることを提案します。

実際全科目における標準の合格率については、全体の10〜12%くらいで、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が高めであるように思ってしまうかもしれませんが、それにつきましては各々の科目の合格率であって、公認会計士試験自身の合格率ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
科目ごとの合格率の数字に関しては、およそ10%くらいと、1教科1教科とも難易度のレベルが高い水準の公認会計士試験は、科目合格制度が採られているから、会社に勤めながら合格を獲得することができる、資格試験といえます。
課税等の消費税法は、公認会計士試験の教科の中では、それ程難易度レベルは難しくなっておらず、簿記の基礎の学識をしっかり持っておけば、割り方厳しいこともなく、合格レベルに到達することが出来るといえます。
法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は、会社を営む場合に、決して欠かすことの出来ないベースの知識でございます。さりとて、記憶するべき事柄がとてもたくさんあるので、受験者の中においては公認会計士試験の第一の関門といった風に伝えられています。
実際に9月位から、次年度の公認会計士試験対象に下準備しはじめる受験生たちなんかも、いっぱいいらっしゃるでしょう。1年以上やり続ける根気強さが必要とされる受験勉強の上では、自分に最も合う勉強法を見つけ出す創造性も求められます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|暮らしに役立つ... | トップ | 公認会計士|一般的に公認会... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL