13年の経験を持つ会計士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ会計士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

公認会計士|実践で「法律学的に思考が出来る人物」であるかそうではないのかということを見極めるような…。

2017-07-15 06:50:04 | 日記

資格をとるため専門学校にて公認会計士に特化した授業を受けたいのだけど、すぐ近くには予備校がどこにもない、いつも仕事が忙しく時間に余裕がない、家事等で通学する時間を持つことができないとした受験者のために、個々の学校では、自宅で学べる通信講座を導入しております。
どの教科書を活用して勉強を行うのかなんてことよりも、どのような勉強法を取り入れ取組みを行うのかの方が、一層公認会計士試験での成功には重要なのです。
いくつかある国家試験でもトップレベルの高い難易度を誇る公認会計士試験の詳細は、全部で11分野の法律の中より多種多様な問題が出てきますため、合格に至るまでには、長期的なスパンにおいての十分な試験勉強が絶対に必要とされます。
経理実務の個別論点をやりはじめたら、関係性がある例題に可能な限り臨み、キッチリ問題に慣れるようにするとした勉強法を取り込むのも、公認会計士試験の簿記論の科目対策には殊に効力がございます。
訓練問題によって詳しく知り基盤を固めてから、実践に基づく応用の問題へとスウィッチしていく、確立された勉強法で進めていくのが、公認会計士試験を受験する際の試験科目の簿記論にとっては、かなり効果的みたいです。

簿記論の教科に関しましては、ボリューム量は数多いですけど、ほとんど計算問題が主要で出されるので、公認会計士資格取得は国家資格の中では、比較的一から独学でやっても、自分のものにしやすい教科内容といえます。
経験豊富な講師の方々に直で教えてもらうことができる学校通学の特徴は、大変魅力がありますけれど、前向きなやる気さえキープし続けることができましたら、公認会計士専門の通信教育で講座を受けることで、間違いなく成果をあげることが実現可能です。
ちょっと前までは合格率の値が10%位が通常になっていた公認会計士試験であったけれど、最近は、ダウンし一桁のパーセンテージで滞っています。合格率一桁のケースですと、難易度レベル高の国家資格として、把握されます。
実践で「法律学的に思考が出来る人物」であるかそうではないのかということを見極めるような、相当難易度が厳しい受験としていわれているのが、近年の公認会計士試験のリアルな現状ではないでしょうか。
今の時代は公認会計士試験の対応策用の、オンラインサイトでありましたり、ベテランの公認会計士が、受験生向けにポイントを教授するメルマガ等を出していて、情報を使いこなす力に加えてモチベーションを高く持つためにも利用できるものです。

公認会計士試験の合格率は、とても低くて、大体1.75%というデータが出ています。今日び、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』という機関が新しくでき、その教科過程を修了することにより、新司法試験を受けられる資格を得ることが出来ます。
数年前までは公認会計士試験については、他と比較して取得できやすい法律系資格と伝えられておりましたけれど、近ごろは大いに壁が高くなってきていて、とんでもなく合格することが困難であるという資格の一つになります。
当然ながら一から独学で、資格試験に合格をするのは、できないことではありません。とは言っても、事実公認会計士の試験は10人トライしても、全員アウトになるめちゃくちゃ厳しい試験でございます。資格を取得するためには、能率的な勉強方法を入手することが欠かせません。
仮に日商簿記検定試験1・2級を一から独学で、見事合格されたといった人であるなら、公認会計士試験においての簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科につきましては、これもオール独学で合格を可能にするのも、困難なチャレンジではないかもしれません。
実際国家資格の中におきましても、難易度が相当難しい公認会計士でございますが、他と比べて合格を獲得するまでの経過が厳しければ厳しいほど、ようやく国家資格を得た後は高い需要があることや報酬のアップ、同時に高ステータスのポジションを作り上げることができるようなこともありうるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|合格率の数値が1... | トップ | 公認会計士|巷で人気のユー... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL