13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|一切独学で弁護士試験合格を目指そうとするなら…。

2017-06-15 02:40:02 | 日記

法律を専門に勉強しておらずとも、実務の経験がなくっても弁護士の職に就くことはできますけれど、けれどその分オール独学は、学習量も絶対に欠かせません。まさに私も独学スタイルで合格を得たので、深く感じています。
実際に司法試験と似た勉強法でありますと、0からはじめる弁護士試験に限る受験生よりも、勉強にかける量がとんでもないものになる傾向がみられます。それに加えて条件に見合った成果はあらわれず、コストと効果のバランスが悪いです。
今から8年前の平成18年度から、弁護士試験の出題問題は、かなり改正が実行されました。まず憲法や行政法・民法等の法令教科が、大きく重視されるようになりまして、多肢択一の問題であったり、論述式問題のような新たな傾向の問題も広く出題されています。
ここ数年の弁護士は、超試験の難易度のレベルが高くなっていて、いずれの通信教育を選ぶかによって、合否が決まると言っても過言ではありません。されど、種々の会社が見られ、どちらをセレクトするとベストなのか、思い迷う人も大勢おられるでしょう。
実際授業を受けられますスクール及び詳細内容等も多種揃います。そんなワケで、とても多くの弁護士講座の中より、社会人で忙しい受験者でも効率よく学べる、通信講座が開校されているスクールの比較を行いました。

専門スキルの高い試験の内容ですから、難易度がスゴク高度でありますけれど、元来弁護士試験におきましては、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度を取り入れているから、各々5年にわたって合格をゲットしていっても、支障はない試験なんです。
実際弁護士試験の合格者の合格率は、10%位と、難易度レベルが高めと知られているにしては、比較的高い合格率となっております。だけども、最初の一発で合格を可能にするのは、限りなく0%に近いと言われているようであります。
実際かかる費用が30万以上、さもなくば50万以上の負担を求められる、弁護士受験用の通信講座といったものもよく見られます。ちなみに受講する期間も、一年を越す長期に及ぶ計画で設定されていることが、多くあります。
網羅性を持ったテキスト書においてもとりあげられていない、高度な知識が必須の問題については、スッキリととばしましょう。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度の高度な弁護士試験にて合格を勝ち取るためには、必要なアクションなんです。
今日この頃は弁護士試験で合格を勝ち取るための、ホームページや、現役で働いている弁護士が、受験生に宛ててメルマガニュース等をリリースしていて、情報収集及び士気を保つためにも使えると思われます。

一切独学で弁護士試験合格を目指そうとするなら、自分にとって合う勉強法を見つけなければいけません。そうしたような場合に、何よりベストなアプローチ方法は、試験に合格した先輩たちが実行していた勉強法と同じことを実行することとされています。
弁護士資格に必須の簿記論は、把握しないといけない内容量は仰山ありますが、全体的に計算式の問題で組み立てられているため、弁護士資格は法律系資格のうちでは、他より独学で取り組んだとしても、学びやすい部類の科目に当たるのです。
現実、弁護士試験を独学で合格するのは、壁が厚いですけれども、勉強手段に工夫を加えたり、把握しておくと良い情報を積極的にチェックすることで、短い時間&少しの勉強量にて合格を叶えるなんてことも、決してありえないことではないです。
一昔前までは合格率の割合が10%台が当たり前だった弁護士試験でしたが、今日び、一桁台にて停滞しております。合格率一割以下である場合、難易度が高めの国家資格の中の一つとして、考えられます。
DVD教材や、テキスト学習材での学習の仕方に、少なからず心配があるのですが、リアルに通信講座によって、弁護士資格取得を実現したといった方々も多いですし、独学で行うよりかは、まだマシというように感じています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|合格を勝ち取ること... | トップ | 弁護士|実際に…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL