13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|難易度レベルが高い「理論暗記」から弁護士試験の勉強法のポイント及び頭脳の開発…。

2017-07-27 02:20:02 | 日記

安めの価格設定、問題範囲を絞り、学習の量を削減した学習システム、高品質の教材各種などが好評の高合格率を誇るフォーサイト。今日弁護士の通信講座をあげるならココでしょ!と断定できるほど、受験生の間で人気となっています。
弁護士試験においては、平均の合格率が約6%少々となっておりますので、実用的な事務系資格の内では、受かりづらい資格の一つになっています。とは言っても、全ての試験問題の中6割正解したら、合格できるのです。
弁護士資格の試験制度の改訂とともに、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる賭博的な面が除かれ、本当に手腕があるかないかがチェックされる登竜門的な試験へと、弁護士試験の中身は刷新したのです。
難易度レベルが高い「理論暗記」から弁護士試験の勉強法のポイント及び頭脳の開発、速聴・速読法ということ等についてもオール調査!更には記憶術でありましたり、勉強を行う時に、便利なツールをこのサイトで情報発信していきます。
弁護士につきましては、日本の法律系国家資格試験の関所として、あらゆる世代に支持されているのですが、また試験合格後には、早々に個人での事業所などをイチから構え、独立して開業を行うのも選択として選べる唯一の法律系専門試験なんです。

現実的に合格率の数値は、弁護士の試験の難易度の現状を把握できるハッキリと見て取れる指標の1つであるわけですが、最近、この率がハッキリと落ち込んできていて、多くの受験生達に注目されています。
おそらく9月ぐらいより、この次の年の弁護士試験のために準備を開始し出すような人たちも、結構多いかと思われます。1年前後長いスパンで続く資格試験勉強では、自らに1番合った勉強法で取り組むオリジナリティも必須といえます。
受験当日まで学習時間が毎日一杯あるという方は、王道とされる勉強法でやり通すことで、弁護士試験に合格できますが、毎日何やかやと忙しい方には、現実的なアプローチではないと断定できます。
簡単に言うと実際「足切り点のライン」といった厳しい仕組みが、弁護士試験には存在しております。簡単に言うならば、「一定の成績以下ならば、落ちますよ」とされる点数といったものがございます。
実際に国家試験の弁護士試験の合格率に関しては、10%位と、物凄く難関と言われております割には、他の国家資格よりも高合格率となっています。だとしても、たった一度きりで合格を勝ち取るのは、極めて困難で望みが薄いと言われているみたいです。

つい最近は弁護士試験に勝つための、ホームページや、バリバリ現役の弁護士が、受験生宛てにメールマガジン等を発信中で、情報力やまた勉強への意欲を向上・持続するためにも役立つものではないかと思います。
今の弁護士につきましては、物凄く高難易度の試験で、通信教育の会社・カリキュラム選びで、合否の判定が分かれてきます。そうは言っても、数え切れないくらいの会社があるため、どこを選択すると合格への道に近いか、迷われる受験生もいっぱいいるとお見受けします。
元来通信教育(通信講座)は、学習教材の出来が結果を決めます。今はDVDとかインターネットでの動画配信などの映像系の学習教材も豊富に揃っていますが、弁護士の資格学校によって、その中身は大きく異なっています。
今日びの弁護士試験に関しましては、本音で言えば記述式の問題だけしか存在していないというように、捉えていいでしょう。どうしてかというと、面接での口述試験に関しましては、余程の出来事が無い限りは落ちるなんてことの無い試験内容だからです。
網羅性を持った教科書の中であろうと掲載が行われていない目にすることの無い、知識が必要になる問題に関しましては、キッパリギブアップするのもいいでしょう。スパッと割り切ることも、難易度が超高いとされる弁護士試験に挑戦するには、重要事項なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|低プライスや対策範... | トップ | 弁護士|もし日商簿記検定試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL