13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|合格率の数値が僅か3%の険しい道の…。

2017-07-15 10:00:02 | 日記

いざ弁護士試験を独学でやるのは、めちゃくちゃ容易なことではありませんが、チャレンジしたいと考えておられる人は、まず財務諸表論等の会計科目を学ぶことから挑むべし。
お勤めしながら、弁護士の資格を得ようとしている人も中には存在しているはずだと思いますので、ご自分の行えることを日毎コツコツ積み重ね続けていくといったことが、弁護士試験にて合格を獲得するための1番近道になるといえるでしょう。
利点が様々に存在する、弁護士専門予備校通学においての効果が期待できる勉強法ですが、通常十万円以上のそれ相応の受講料が必要ですので、全員皆が受講できるものじゃないのも事実です。
このインターネットサイト上では、弁護士試験対策の通信教育を、失敗しないように選びとれるように、ニュートラルな見方で判断が行える有益な材料を提供していきます。その先はご本人様で取捨選択してください。
一般的に国家試験の弁護士試験の合格率については、10〜12%と、難関試験とされている割には、合格率が高めとなっています。だとしても、初めてのチャレンジで合格を叶えられるのは、限りなく0%に近いと言われている様子です。

可能であればリスクを分散、安全性を重視、入念に用心してという意味で、弁護士試験に挑むにあたって、信頼できる専門スクールに行く方がおススメではありますが、独学で貫くことを選択することも問題ないかと思われます。
司法試験と同等な勉強法での進め方であると、純粋にまっさらな弁護士試験だけの受験生に比べ、全体の勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。その上適う結果は生まれず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。
合格率の値がおおよそ7%というと、弁護士の資格試験の中身は非常に難易度が高く感じますが、評価基準に基づき少なくとも60%以上の問題が合ったならば、合格を勝ち取ることは100%間違いありません。
極めて専門的な要素を含む中身となっており、難易度が非常に高度となっておりますが、そもそも弁護士試験では、科目ごとの合格システムを採っているため、それぞれ5年間かけて別々に合格しても、良いとされる試験となっております。
実際弁護士試験は、リアルに合格率が6%位とされていて、オフィスでの事務系資格としましては、難関といわれている資格に入っています。ただし、全ての試験問題中正解数6割を超えれば、絶対に合格実現できます。

一般的に会計事務所または弁護士事務所・弁護士事務所などでの現場で実戦経験を積んで実力をつけながら、確実に勉強を行うというような方でしたら、通信講座のスタイルを選ぶ方がベターと考えます。
大方の資格取得学校につきましては、弁護士資格の通信教育が開かれています。それらの内には、動画ファイルなどを活用して、時代の先端を取り入れた通信教育を行っている、資格学校や専門学校も増えつつあります。
基本的に弁護士試験につきましては、これといった受験資格というものはなくて、学歴については限定されておりません。なので、それまでに、法律の詳細な勉強を何もしたことが無くとも、優秀な学校を出ていないという場合であろうと、そんなことは関係なく弁護士資格取得はできます。
学習のための時間が日常生活で結構確保することができる受験生であれば、王道とされる勉強法で実行すれば、弁護士試験に合格できますが、別の仕事を持っているなど忙しい方には、適正な手立てだとは言えないと思われます。
合格率の数値が僅か3%の険しい道の、弁護士試験において合格を獲得するには、独学スタイルでの学習だけで挑戦するというのは、一筋縄ではいかないことが沢山ありまして、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して受験勉強を行うのが多くの受験生の選択です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|弁護士さんに代わる... | トップ | 弁護士|税務上の個別論点の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL