13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|なるたけリスクを避ける…。

2017-06-20 09:00:13 | 日記

実際全科目における合格者の合格率の平均は、概ね1割とされ、色々あるほかの高難度の資格より、合格率が上であるように見えるかと思われますが、これは各科目の合格率でして、弁護士試験丸ごとの合格率ではないのです。
実際科目合格制度の、弁護士試験においては、ひとたびで、5科目全部を受験するといったことは義務付けられていなくて、各科目毎に受験しても良いシステムとなっています。1度合格点を得た科目は、弁護士資格を獲得できるまで合格は取り消されません。
一般的に弁護士試験につきましては、弁護士の業界に入るために基本とする法令などの知識はじめ、応用力・考える力の有りOR無しを、真に判定することを第一目的として、行われている最高峰の国家試験です。
基本的に弁護士試験につきましては、受験制限もなく、これまでの学歴は限定されておりません。なので、それまでに、法律につきましての学習を全然やったことがないといった人であっても、優れた大学を卒業していなくっても、誰でも弁護士資格取得は可能なことです。
仕事をやり続けながら寝る間を惜しんで勉強に励み、3回目の正直で挑んだ試験で弁護士合格を獲得しました、わが身の乗り越えてきた経験を見つめ直しても、昨今の難易度の程度は、かなり難しくなってきているように感じています。

一般的に高難度と言われている弁護士試験の難易度につきましては、まことに高いものとなっていて、合格率の平均値も3%以下と、法律系の国家資格の中でも、有数の難関系試験とされております。
現実弁護士国家資格試験の合格率は、概ね1.75%と発表されています。最近では、法律を専門に学ぶ法科大学院といったものが設けられて、そこでの教程をクリアしたら、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が授けられます。
1教科ずつの合格者の合格率は、大よそ10%程度と、各科目とも難易度が高くなっている弁護士試験は、科目ごとの合格システムをとっているんで、仕事に就きながら合格を現実にすることが可能な、資格となっております。
大概の方たちは、名高い会社だから間違いないなどの、根も葉もないテキトーな動機で、通信教育(通信講座)をチョイスしがちでしょう。されど、それでは決して弁護士に、合格は出来ないと思います。
従来より、法律知識無しのステージから取り掛かって、弁護士試験合格に要する総勉強時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。現実確かに、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間前後と発表されています。

一般的に簿記論は、マスターしないとならない事柄は数多いですけど、総じて計算問題のパターンで組み立てられているため、弁護士になるには他の法律系国家資格よりも完全独学でも、取り組みやすい教科内容といえます。
現実的に弁護士試験を独学で合格することは、非常にハードルが高いわけですが、勉強の取り組み方を効率的にするとか、重要な情報を十分見聞きすることによって、わずかな時間にて合格を志すといったことも、決してありえないことではないです。
間違った勉強法で行い、回り道をいくことほど、もったいないことはないです。是が非でも能率的な進め方で短い年数で合格を実現させて、弁護士となって社会に貢献しましょう。
実際弁護士試験の大きな特性の1つとして規準に沿って評価を実行する試験で行われていて、合格者の上限数をはじめから確定していため、つまるところ出された問題の難易度レベルが、ダイレクトに合格率になって表れます。
なるたけリスクを避ける、安全に、大事をとってという目的で、弁護士試験を受ける場合に、専門予備校に行く方が良いかと思いますが、けれども独学を選定したとしてもいいでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|独学スタイルでの弁... | トップ | 弁護士|実際に「くらしの法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL