13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|合格を勝ち取ることが出来なかった場合の…。

2017-06-14 18:50:08 | 日記

ユーキャンが提供している弁護士の試験対策講座は、毎年ざっと2万人ぐらいに受講がされていて、何にも学識が無い人の場合であれど、堅実に資格取得実現までのプロセスを学び取ることができる、合格率が高い通信講座です。
当然ながら一から独学で、試験に合格することは、決して不可能じゃないでしょう。そうはいっても、弁護士の資格取得試験は10人受験して、合格者ゼロの場合もあります高い壁の法律系国家試験です。試験に通るためには、成果が期待できる質の高い勉強ノウハウを入手することが欠かせません。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、膨大な勉強時間のリスク加減を考慮すると、弁護士資格試験に向けてはスクールが行っている通信講座、それともまた通学授業コースを利用するのが、より安心と言えそうです。
通常弁護士試験を独学でパスするのは、かなりハードといえますが、学習方法を効率的にするとか、把握しておくと良い情報を積極的に収集することで、短期で合格への道を目指すことも、可能になります。
一般的に弁護士は、誰にも指導を受けずに独学で貫いても合格を実現できる国家資格の一つでございます。今現在、サラリーマン・OLなどの方が決心して挑む資格としては可能性が高いわけですが、裏腹で相当難易度もHIGHであります。

実のところDVD授業だとか、テキストを見て行う勉強のやり方に、少しだけ不安な気持ちがありますけれども、リアルに通信講座によって、弁護士の国家資格を得た先駆者も大勢いますし、よって1人独学で頑張るよりは、合格への道が近いと思うようにしています。
現実会計事務所やもしくは弁護士事務所に就職し、経験&実力を増やしながら、じっくりしっかり学ぶといった人の場合は、通信講座を選択する方がベターと判断します。
現実的に完全独学での弁護士試験に向けての勉強法を決定する場合に、まさに支障をきたすのは、勉強を行っていて疑問に思う事柄があるといった時に、周囲に質問できる相手がいないことであります。
仮に日商簿記検定試験1・2級をオール独学で、合格に至った人だとしたら、いざ弁護士試験の簿記論・財務諸表論の2種教科に関しましては、ベースを理解しているため独学にて合格を可能にするのも、ありえない挑戦ではないのでは。
お勤めしながら、弁護士になろうとするような人達も中にはいるでしょうから、自分のペースで行えることを日常的にコツコツ積み重ね継続していくのが、弁護士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。

実際全科目における標準の合格率については、全体の10〜12%くらいで、色々あるほかの高難度の資格より、高い合格率に思えますが、それは科目毎の合格率の数字でありまして、弁護士試験全部をひっくるめた合格率ではないので、頭に置いておくように。
これまで法律の勉強をしたことなどないのに、ごく短期の学習時間で弁護士試験に合格することができる強者も多くいます。彼らの大半にある共通される事柄は、自身にピッタリの「ベストな勉強法」に出会うことができたことです。
今の時代は弁護士試験対策用の、オンラインサイトでありましたり、現役で働いている弁護士が、受験生の為に勉強のポイント等をアドバイスするメルマガ等を発刊していまして、情報力や意気込みをキープするためにも使用することができます。
いざ個別の論点に着手したら、関連の練習問題に可能なだけチャレンジして、いくらか問題に慣れておくといったスタイルの勉強法を新しく取り入れることも、弁護士試験の簿記論の科目対策には著しく効果が期待できます。
法律系の国家資格として誇り、専門知識が要求される職務を果たす、弁護士と弁護士なのですが、難易度を比べますと弁護士の方がハードで、合わせて業務の中身にも、大幅に相違点が存在しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|これまで素人で法律... | トップ | 弁護士|一切独学で弁護士試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL