13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|オール独学で通しているけど…。

2017-07-11 04:20:03 | 日記

演習問題を何度もやって基礎的な学習能力を養い地ならしを行った上で、実用に基く応用問題に差し替えていく、昔からのオーソドックスな勉強法を取り入れるのが、弁護士試験の上で簿記論に向けては、実効性があるようです。
法科大学院(専門職大学院)卒業者であっても、不合格結果がもたらされることもあるくらいなので、つぼを押さえた最善の勉強法を計算して立ち向かわなければ、弁護士試験にて合格を果たすというのは簡単ではないでしょう。
オール独学で通しているけど、勉強時間の管理や勉強法等に、懸念するなどの折には、弁護士試験専門の通信講座で勉強するというのも、1つのパターンではないでしょうか。
従来より、法律知識がゼロの段階からスタートして、弁護士試験合格に確保すべき勉強時間数は、一般的に「3000時間超」と言われます。現実確かに、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
通常弁護士試験は、年齢はじめ性別・学歴等の条件は取り決められておりませんので、いくつでも誰でも受験することが出来ます。これまで法律についての知識ゼロの未経験者であっても、最適な受験の対策を行えば、合格も夢ではありません!

法律系資格の中で、高い専門性を持つ職分の、弁護士と弁護士でありますけれど、難易度を比べますと弁護士の方が厳しく、そうして職務内容に関しましても、いくらか異なりがあります。
事実「法をベースに物の捉え方が出来る人」であるかそうではないのかということをまるで問われるような、相当難易度の高めの資格試験にチェンジしてきたのが、ここ最近の弁護士試験のリアルな現実として捉えられます。
あらゆる情報を集めているテキストでさえも掲載が行われていない目にすることの無い、知識が必要となる問題におきましては、スグに諦めるべきです。潔いのも、難易度が高いレベルの弁護士試験にあたっては、大切な事柄であるんです。
ほとんどの方は、名が通った業者だからとか、何の根拠も見られない説得力に欠ける理由を挙げ、向こう見ずに通信教育を選んでしまっています。ですが、そんな選び方で高い難易度を誇る弁護士に、合格することは難しいでしょう。
実際先に会計事務所や弁護士事務所に勤務して、現場において実地経験を増やしながら、ちょっとずつ学習を行うやり方を選ぶ人ならば、比較的通信講座がおススメだろうと思います。

現在の弁護士に関しては、合格率が約6%と言われていて、デスクワーク・事務系資格では、難関といわれている資格とされています。だけど、全試験問題の中で60%以上正解になれば、必ずや合格が叶います。
こちらのウェブサイトにおきましては、弁護士資格取得の通信教育を、満足のいくように選択できるように、公平に判断することが出来る様々な材料を定期的にアップしていきます。そして、その後はご自分でコレと言うものを選んでくださいね。
実際に弁護士試験の勉強をやる上におきましては、集中力をキープしにくかったりだとか、いつもモチベーションを保持し続けることがハードに思えたりウィークポイントも結構あったわけですけど、総合的に見て通信講座(通信教育)を申し込んで、良い結果を得られたという結論が出ています。
必須教科の5科目に合格することが出来るまで、数年がかりとなる弁護士受験においては、常に勉強をやり続けられる状況が、重要で、通信教育コースを選択する際は、特別それが言えるかと思います。
深い知識・経験を要する中身となっており、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、元来弁護士試験におきましては、社会人も受験しやすいように科目合格制度があるため、それぞれの科目ごとに何年かかけて合格をしていっても、問題ない試験とされております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|弁護士の簿記論に関... | トップ | 弁護士|実際に事前の法律知... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL