13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|只今…。

2017-07-12 19:10:02 | 日記

一言でいいますならいわゆる「足切り点」という仕組みが、弁護士試験にはございます。分かりやすくいうと、「一定ラインの点数以下ならば、不合格判定になります」という基準の点数がはじめに設定されているのです。
今日弁護士の通信講座の中において、ナンバーワンにお薦めしたいのは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。使っているテキストブックは、弁護士受験生間にて、大変人気の学習書として高く評価されております。
訓練問題によってよく理解し基礎作りをした後、具体的な学習問題へと転換していく、古典的な勉強法を取り入れるのが、弁護士試験を受ける上での簿記論を極めるには、実効性があるようです。
会計と税務の個別論点の中身に取り組み出したら、相関がある事例や演習問題に可能な限り取り組むようにし、キッチリ問題に慣れるようにするとの勉強法を新たに盛り込むというのも、弁護士試験の傾向を踏まえた簿記論対策についてはスゴク効果が高くなります。
簡潔に言うと弁護士試験とは、弁護士の地位で仕事にするために必須の高い学識、並びにそれを現場で活かせる力量があるかどうかを、ジャッジすることを主要な目的として、実施する高難易度の国家試験です。

現実30万円以上から、さもなくば50万以上の負担を求められる、弁護士専門の通信講座といったのも特別ではありません。これに関しましては受講スパンも、1年強の長きに渡る受講コースで組まれているといったことが、一般的です。
そもそも弁護士資格につきましては、専門スクールに通わずに独学で合格を獲得しようとする人が少数となっていることもあり、弁護士以外の法律系試験と照らし合わせると、市販テキストの種類もさほど、取り揃っておりません。
現実的に難関資格と広く知られております弁護士試験の難易度については、物凄く高度であり、平均の合格率も大体3%未満と、法律系の国家資格の中においても、トップを誇る超難関試験といえます。
一昔前までは弁護士試験につきましては、他よりもゲットしやすい資格なんて言い表されてきましたけれども、今は物凄く門戸が狭くなってきており、他の資格よりも合格への道が簡単ではない資格となっています。
現今の弁護士試験については、基本筆記タイプの試験だけしか存在せずといったように、考えてもOKです。どうしてかというと、面接官との口述試験は、何か無い限り落ちるはずがない簡単な試験だからです。

只今、または未来に、弁護士に完全に独学で受験を行う方たちのために製作しました、総合情報ニュースサイトであります。ここでは合格を得るための押さえておきたいポイントとか、現場の仕事内容、並びに仕事の魅力などを定期的に配信しております。
実際弁護士試験の合格者の合格率は、およそ10%程度と、難しい試験とされているにしては、合格率が高めとなっています。ですが、1回で合格実現を果たすというのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いと聞いています。
実際に5種類の科目に合格するまで、長い年月がかかる弁護士資格受験では、スムーズに勉強継続が出来る安定した環境が、大きなポイントとなり、通学以外の通信教育コースに関しましては、殊更そのことについて言えることと思います。
今の弁護士につきましては、相当難易度高の試験内容になっており、選んだ通信教育の良し悪しで、受かるか・落ちるかが決まります。ただし、種々の会社が見られ、一体どの会社に決めると最善であるのか、判断が付かない方も多いのでは。
私自身弁護士試験の勉強を進める中では、集中力が長く続かなかったり、常にモチベーションをキープすることが難しかったりといったウィークポイントも実感しましたけれども、総合的に見たら通信講座を受けて、良い結果につながったように思われます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|資格をとるため専門... | トップ | 弁護士|経理実務の個別論点... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL