13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|すべて独学で進めているけど…。

2017-07-16 00:50:02 | 日記

以前から、法律に関する知識が全くゼロの状態から着手して、弁護士試験合格に最低限必要とされる勉強への取り組み時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。事実、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間超とされています。
法律の消費税法につきましては、弁護士試験の科目の内では、過度に難易度は高いものではなくて、簿記の基礎の学識をキチンと把握していれば、割合難度も低く簡単に、合格判定を得ることが可能となるでしょう。
弁護士の役を担う街の法律の相談請負人として、活躍の期待が寄せられている弁護士については、社会階級の高い職業資格です。その分、同時に試験の難易度の度合いにつきましても大変高いものです。
実際弁護士試験に関しては、そう簡単ではないと言われている、ステイタスある国家資格の1つ。このHPでは、目標の弁護士試験に一発合格するために有効な勉強法などを、当サイトの管理人自らの合格ゲットの実体験を経て得た情報を踏まえて公開します。
仕事をやり続けながらその合間に勉強を重ねて、ついに3回目のトライで弁護士に合格することが実現した、当方の実際の体験を顧みても、ここ数年は以前よりも難易度に関しましては、大分アップしてきているように感じています。

目下皆様が、弁護士の試験合格体験談といったものを、あれやこれやとサーチして読まれている目的は、高確率で、どういった勉強法が己自身に1番適切であるのか、悩んでいるからではないでしょうか。
ちょっと前までは弁護士試験を受験したとしても、割かし取得できやすい法律系資格だなんて言われていたわけですが、今日においては思い切り難易度がアップし、他の資格よりも合格を得ることができないという資格であります。
弁護士試験に関しましては、年齢であったり性別・学歴などの制限は設けられておりませんから、どういった人であれど資格取得を狙うことが出来るようになっております。これまで法律についての知識・情報がゼロの初心者であろうと、最適な受験対策を行うことにより、合格できてしまいます。
一般的に弁護士試験を独学でやるのは、物凄く容易なことではありませんが、トライしてみたいと考えておられる人は、最初に簿記論や財務諸表論をはじめとする会計科目の習得から手を付けると良いのではないかと思われます。
実際に弁護士試験では、1科目に対し2時間しか受験の時間が割り当てられていません。よってその僅かな時間の中で、合格圏内に入ることができる点を取らないといけない為に、勿論のことながら処理能力は必須です。

国家資格の中においても、超難易度が厳しいとされる弁護士の業種ですが、ともあれ合格へ至るまでのプロセスがハードであるほど、資格取得を成し遂げた先には就職率の高さや報酬額、さらに高いステータスを獲得できる可能性もございます。
すべて独学で進めているけど、学習の時間管理や勉強の方法についてなどに、懸念するというケースでしたら、弁護士試験を対象としている通信講座を利用して勉強を行うといったことも、1案といえるでしょう。
安い値段、対応する範囲を絞り込んで、学習量・時間を少なめにした教育課程、質の高い教材一式などが評判の通信講座の『フォーサイト』。弁護士通信講座ならまずコレ!というほど、高人気となっています。
現実的に科目合格制という制度が設けられているため、弁護士試験は、お仕事をしている社会人も受験に臨みやすいのですが、その分受験勉強生活が長期化する傾向が見られます。たくさんの諸先輩の優れた勉強法を覗いてみることも大切です。
難易度が厳しい資格試験になっておりますけど、それぞれ別にして受験可能であるんで、ですから弁護士試験においては、1回に5万を超える人が受験を申込する、受かりにくい試験となってます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|実際先に会計事務所... | トップ | 弁護士|一般的に簿記論は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL