13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|弁護士試験に関しては…。

2017-07-12 11:10:05 | 日記

サラリーマンをやり続けながら勉強を両立して、結局3回試験を受けて弁護士試験に合格をした、自身の実際の体験を顧みても、ここ数年来における難易度については、とってもアップしてきていると思います。
法律の消費税法につきましては、弁護士試験の教科の中では、過度に難易度は高いものではなくて、簿記のベースの知識を掴んでおくことによって、他よりもイージーに、合格点数のボーダーを越すことが出来るといえます。
通常弁護士試験は、超難関と知られている、国家資格の一つであります。こちらのサイトでは、狙う弁護士試験に晴れて合格するための工夫された勉強法などを、自分の合格に至るまでの体験談をベースとして詳しく書いていきます。
実際に日商簿記資格1級や2級を独学の学習で、見事合格されたといった人であるなら、弁護士試験での試験科目の簿記論&財務諸表論の2つに関しては、ある程度慣れているから独学で合格を可能にするのも、ハードルが高いわけではないと思います。
実際弁護士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、著しく高難度なことであるのですが、独学にて挑みたいとやる気がある人は、第一に会計に属する科目をマスターすることからし始めると良いのではないかと思われます。

世間一般的に弁護士試験は、全体的に合格率が6%程度とされていて、事務系の資格内におきましては、高難易の資格に入ります。とは言っても、全ての問題の内60%以上正解になれば、合格間違いなしです。
一昔前までは合格率10%超えが普通だった弁護士試験でありましたけど、今現在、1割に届かない数値でずっと定着をみせております。合格率一割以下である場合、高い難易度とされる国家資格の中の一つとして、考えられます。
今から資格試験に向けて試験の勉強をスタートする方たちにとっては、「弁護士試験については、いくらくらいの学習時間を持ったら合格可能なのか?」等が、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。
現実的に毎年、2〜3万人の受験生が試験を受けて、僅か600名〜900名のみしか、合格に至れません。その一面に着目しましても、弁護士試験の難易度レベルが高度であることがわかってしまいます。
簡単に言うと実際「足切り点」(第一段階選抜)としたような仕組みが、弁護士試験にはあるんです。要するに、「定められた点以下ならば、落ちますよ」なんていう数字が用意されているのです。

弁護士試験に関しては、難易度の高い国家試験と挙げられておりますので、基礎から応用まで学習できる専門スクールに通学した方が、無難な選択です。ですけど、独学で臨んだとしても人により、とても効果がみられるなどのケースもあるわけです。
基本5つの科目合格に辿り着くまで、長期間にわたってしまう弁護士資格の受験では、常に勉強をやり続けられる十分な環境条件が、合格への大事な要素となり、その中でも通信教育講座は、取り立ててその要素が言えると思われます。
通常多くの人たちは、名高い会社であるし確かだろうなんていうような、何一つ手がかりもない具体性に欠ける理屈で、通信教育を決定してしまいます。しかしながら、そうしたことで難易度が高い弁護士に、合格するはずはないです。
実際に弁護士資格取得試験の合格率の数字は、ザッと1.75%と認識されています。つい最近では、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』が建てられ、そのコースを修め終えれば、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位を得ることが出来ます。
弁護士の代理で法律の仕事を執り行なう街の法律専門家として、活躍発揮が期待されている弁護士に関しては、社会的に地位の高い資格の一つです。よって、それだけに試験の難易度の度合いにつきましても大変高いものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|国家試験制度の改定... | トップ | 弁護士|資格をとるため専門... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL