13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|現実独学で行う弁護士を目指す勉強法を選択する際に…。

2017-07-13 09:50:02 | 日記

弁護士試験といいますのは、弁護士の資格を保有するのに必須の法律の知識、かつまたその事柄を応用する器量が備わっているかどうであるのかを、判別することを目指し、一年に1回行っている超難関の法律系国家試験です。
実際に弁護士試験を独学で合格することは、容易なことではありませんが、学習方法を効率よくしたり、必要な情報を確認することで、短期で試験合格を果たすのも、不可能なことではないでしょう。
最近は、スクールに通学して教えてもらっている人らと、あんまり違いが見受けられない勉強ができるようになっています。これを実現可能にするのが、今はもう弁護士資格取得の通信講座の中心的な教材となっております映像教材のDVDです。
高度な専門性を持った試験内容で、難易度がスゴク高度でありますけれど、そもそも弁護士試験では、科目ごとの合格システムの採用を行っているため、1教科ずつ5年の期間を費やして合格をゲットしていっても、アリの試験とされています。
ここ数年の弁護士は、物凄く高難易度の試験で、通信教育(通信講座)の選定により、合否判定が決まってしまいます。ですが、様々に同じような会社が存在していて、一体どの会社に決めると1番良いのか、思い迷う人も大勢おられるでしょう。

現実独学で行う弁護士を目指す勉強法を選択する際に、殊の外問題として立ちはだかるのは、学んでいる間に何か疑問事項が一つでも生じたという折に、周囲に質問できる相手がいないことであります。
各教科の合格率の値に関しましては、大概10%辺りと、全科目とも難易度が高度な弁護士試験は、いわゆる科目合格制であるため、日中も働きながら合格を獲得することができる、資格試験といえます。
超難関といったように言われております弁護士試験の難易度というのは、まことに高めで、平均の合格率も約2〜3パーセントと、法律系の国家資格の中でも、トップクラスの超難関試験といえます。
国家資格試験の弁護士試験の合格率の値は、大よそ10%あたりと、高い難易度であるとよく言われているにしては、他と比較して高合格率となっています。けれど、最初の一発で合格実現を果たすというのは、極めて困難で望みが薄いと聞いています。
近ごろ弁護士の通信講座の中におきまして、ナンバーワンに推奨したいのは、東京リーガルマインド(LEC) でしょう。取り扱っている教本は、弁護士を志す受験生たちの間で、最も実用性優れた専門テキストとしてとても好評であります。

基本的に通信教育の講座では、弁護士試験に向けて専門の対策を充分にまとめた、受験向けの教材(テキスト・DVDなど)があるため、独学するよりも勉強の手順が得やすく、より学びやすいのではないでしょうか。
リミットがある時間を上手く活用して、机に向かうことが出来るので、会社に勤務しながらや家事等と並立して弁護士資格の取得を志そうといった考えを持っている人においては、通信講座を受講するというのは、まことに都合がいいものです。
弁護士試験の合格率は、概ね1.75%と発表されています。近年、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』の教育機関が開講されて、その学校のカリキュラムを終えることが出来れば、新司法試験を受験する際に必要な資格が授けられます。
現に法科大学院を卒業した経験者でも、合格できないことが起こりえるため、キッチリした質の高い勉強法を検討し全身全霊で頑張るようにしないと、弁護士試験で合格を勝ち取るのは難しいでしょう。
努力して資格を得て、これから「自力で前に進みたい」というような攻めの意志がございます人であるなら、いくら弁護士の難易度がめちゃくちゃ高めでも、その大壁さえも必ず打ち破ることが可能かと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|ハードルが高い資格... | トップ | 弁護士|実際に会計事務所で... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL