13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|現実的に合格判定が出なかった時の…。

2017-06-15 10:30:05 | 日記

合格率の割合が7%程度と、弁護士試験についてはかなり難易度の高い国家試験でございます。されど、過剰に臆する必要はありません。本気で勉学に励むことにより、老若男女誰にでも絶対合格を勝ち取ることが出来ます!
昔は弁護士試験の内容は、他よりも取得することが可能な資格というように言われていましたけれど、今日においては大層ハードルが高くなっていて、どんなに頑張っても合格を得ることができないという資格であります。
実際に弁護士試験では、1科目に対したった120分しか試験時間がありません。その時間内に、合格域に入る点数を取得しないといけないので、やっぱりスピード&正確さは要求されるといえます。
2006年より、法律系資格の弁護士試験は、大分変更が行われました。一般科目よりも法令科目が、重んじられるようになりまして、多肢択一の問題であったり、記述式(論文)での問題のようなはじめての問題も登場し出しました。
現実司法試験と等しい勉強法で取り組むと、事前知識の無い弁護士試験に狙いを定めた受験生に比べて、全体の勉強量がとんでもないものになる傾向がみられます。それのみか妥当な結果は生まれず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。

弁護士向けの講座を受けることができる専門スクールも勉強の方法も実に多種多様となっています。その事から、数多くある弁護士を対象にしている講座内で、働いている人でも両立して空いた時間に勉強できる、通信講座が開校されている資格スクールを比較しおススメ点を挙げました。
完全独学だけで学ぶという、自信はゼロですが、自分自身の歩度に合わせて勉学に励みたいといった人でしたら、やっぱり弁護士向けの通信講座を選んだ方が、適切な勉強法であるといえるでしょう。
一般的に合格率の値は、弁護士国家資格試験の難易度具合が理解できる顕著なモノサシの一つなのですが、このところ、この値が間違いなく下り坂になっており、受験をされる人たちの関心が深くなっています。
当インターネットサイトは、現役バリバリの弁護士が、弁護士試験に向けての適切な勉強法指南をはじめとする、且つ沢山の弁護士資格の通信講座の世間一般での評判のほど、ユーザーの口コミなどの情報を分析し、分かりやすく解説しております弁護士に特化したサイトとなっています。
サラリーマンをやり続けながら資格取得の勉強をこなし、ついに3回目のトライで弁護士に合格することが実現した、自身の経験を頭に浮かべてみても、ここ数年の難易度に関しては、めちゃくちゃ高くなっていてさらに難関になってきていると思っています。

現実的に全必須科目の合格者の合格率の平均は、おおよそ10〜12%で、これ以外の難関資格と比べて、合格率が高めであるように捉えやすいですけど、これに関しては教科毎の合格率であって、弁護士試験自身の合格率では、決してないのです。
難所である税法科目の「理論暗記」をメインとし、弁護士試験の効率良い勉強法、また脳を育てる頭脳開発、速聴や速読といったことなどについても徹底的に追求!このこと以外にも効率イイ暗記法ですとか、勉強をする中で、役に立つ押さえておくと良いポイントを皆さんに提案していきます。
言うまでも無く、弁護士試験にトライするという際におきましては、半端な行動では合格へつながらない、凄くハードルが高い試験であると痛感しております。結局限られた時間を効率良く&集中して使用し試験勉強を継続した努力家だけが、合格を実現できる実力勝負の試験とされています。
当然弁護士試験を誰にも頼らずに独学合格することは、高難度でありますけれど、勉強の方法をいろいろチェンジするとか、多くの情報をいろいろと整理することで、短い時間&少しの勉強量で合格を狙うのも、可能といえるでしょう。
現実的に合格判定が出なかった時の、トータルの勉強時間のリスク加減を考慮すると、弁護士資格の受験はスクールが行っている通信講座、その他には直接の通学講座を選ぶのが、間違いないものと言えるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|実際に…。 | トップ | 弁護士|普通大半の方は…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL