13年の経験を持つ弁護士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ弁護士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

弁護士|丸々独学で進めているけど…。

2017-07-17 22:40:08 | 日記

当HPにつきましては、経験豊富な弁護士が、弁護士試験の効率的な勉強法を伝授し、様々にある弁護士向けの通信講座の世間での人気状況の実態、口コミ・レビューなどの調査を行い、説明しているインターネットサイトでございます。
原則的に弁護士試験については、年齢についてや性別、これまでの学歴などの制限は無いため、どんな人であろうと資格試験を受けることが可能です。ちなみに法律の専門的な知識が全然ない方であろうと、イチからしっかり受験対応法をこなすことによって、合格できるはず!
今諸君が、弁護士の合格への流れを記載した体験の覚書を、様々に集めて見ているワケというのは、大概が、どういった勉強法が自らに効果的なのか、迷いが生じているからでしょう。
実際に弁護士資格取得試験の合格率の数字は、とても低くて、大体1.75%とされています。今日び、法律専門研究の法科大学院といったものが設けられて、その教科過程を終了することになれば、新司法試験を受験することができる資格が手にできます。
原則的に弁護士試験は、メチャクチャ難易度が高いです。合格率の値は、たった10%〜12%となっております。だけど、一度だけの試験にかけないで、何年かにわたって合格する予定でありましたら、特別やってやれないことではありません。

合格率の値が毎年7%位と聞くと、弁護士の国家試験はとても難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、絶対評価で到達点数の全体のうちの60%以上の問題がちゃんと正解することができたなら、合格を勝ち得ることは間違いないでしょう。
現実的に科目合格制という制度なので、弁護士試験については、働きながら資格取得を目指す受験生も受験をしやすいのですが、とはいえ受験生活の期間が長引いてしまうことが通例です。たくさんの諸先輩の適切な勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
ずっと独学スタイルで学習をするなんて、大きな自信は持ち合わせていませんが、自分のリズムで学ぶことができたらと考える方でありましたら、どちらかといえば弁護士の通信講座を選定した方が、相応しい勉強法であります。
根本的に弁護士試験の特徴を挙げると、点数主義の試験システムであり、合格者の定員数をのっけから定めていないので、一言で言うと出題された問題の難易度レベルが、リアルにそのまま合格率につながります。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは弁護士事務所にて、実戦での経験を積み重ねつつ、確実に学ぼうという考えを持つ受験生は、通信講座の選択がベターだと言えるのではないでしょうか。

長期間にわたる弁護士試験勉強は、なかなか集中力が続かないとか、常にモチベーションをキープすることが困難だったりなどのマイナス面も実体験で経ましたけれど、全体的に見て通信講座を受けて、満足のいく結果が出たと判断しています。
他よりもかかる費用が安い、勉強範囲をチョイスして、総学習量を出来るだけ減らしたコース、クオリティの高い教材セット等が評判の通信講座の『フォーサイト』。最近弁護士資格の通信講座と言えばこれ以外に無い、とされるくらい、高い人気を誇っています。
一言で言うと試験での点数には「足切り点」といいます注意すべき制度が、弁護士試験におきましてはございます。つまるところ、「必須点数以下ならば、落ちてしまいますよ」との数値がはじめに設定されているのです。
全て独学での弁護士資格試験の勉強法を選定する折に、最も問題として立ちはだかるのは、勉強途中に何か疑問事項が生まれてきた場合があれど、問うことが出来ない点です。
丸々独学で進めているけど、時間の管理や且つまた学習の進め方に関してなどに、気がかりに感じるようなときには、弁護士試験専門の通信講座を申し込むのも、ひとつの手段といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁護士|ほぼ独学でやるもの... | トップ | 弁護士|従来は合格率の数字... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL