13年の経験を持つ社労士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業するためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|要領の悪い勉強法で行い…。

2017-07-17 16:00:05 | 日記

一年の中でも9月〜、来期の社会保険労務士試験に照準を合わせて事に当たりはじめる受験生たちなんかも、多くいらっしゃるのでは。およそ1年強にわたるハードな受験勉強におきましては、ご自分に最適な勉強法を見つけ出す努力も重要です。
前から、法律の知識無しの状況から取り掛かり、社会保険労務士試験合格に必須の勉強の時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実を見ても、ストレートで合格する人の学習時間は、約3000時間くらいとなります。
世の中的に社会保険労務士においては、国家資格試験の難しい関所でありながらも、広い世代に高人気であるのですが、合格をゲットした将来には、自ら社会保険労務士事務所を作って、フリーで開業することも選べる法律系資格試験でございます。
会社に勤めながらもその合間に勉強を重ねて、とうとう3度目の試験にて社会保険労務士合格を果たした、私本人の経験を頭に浮かべてみても、ここ数年は以前よりも難易度は、スッゴク難しくなってきていると思います。
実際に司法試験と似た勉強法である場合、事前知識の無い社会保険労務士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、全体の勉強量が大量になりやすい傾向です。加えて適う結末は迎えられず、コストと効果のバランスが悪いです。

中には法科大学院卒でも、不合格になるといったことが無いわけはないので、効率的な能率の上がる勉強法をじっくり考え本気で臨まないと、社会保険労務士試験に合格をするのは難しいでしょう。
スクールでの通学講座と通信講座のコースを同時進行で利用できる、長年の実績が名高い「資格の大原」は、高い精度の教材一式と、経験豊かな教師陣にて、社会保険労務士合格者の全体数の50%を世に送り出す名誉ある実績を誇っています。
要領の悪い勉強法で行い、合格への道まで遠回りすることほど、無意味なことはございません。必ず手際の良い手立てで短い年数で合格を実現させて、社会保険労務士となって社会に貢献しましょう。
今から8年前の平成18年度から、社会保険労務士試験システムに関しては、色々変更が行われました。例えば法令科目が、大きく重視されるようになりまして、多肢選択方式の問題やまた、記述式の試験問題のような今までには見られなかった新傾向問題も多く出題されております。
大学で法律を専攻していなくても、またかつ全くの素人であろうと社会保険労務士の資格を取得することはできますが、だからこそまるっきり独学という際には、学習時間も絶対に必要です。私自身も独学を貫いて試験に合格をしたんで、身をもって思います。

実際に試験の演習問題で理解を深め十分頭にいれ地ならしを行った上で、具体的な学習問題へとステップアップしていく、模範的な勉強法を取り入れるのが、社会保険労務士試験の上で試験科目の簿記論にとっては、非常に有用とされています。
そもそも社会保険労務士資格取得を志すケースでは、完全に独学で合格を獲得しようとする人が少数ということが影響して、これ以外の法律系試験と照らし合わせると、役に立ちそうな市販の学習材もそれ程、存在しません。
こちらのウェブサイトにおきましては、社会保険労務士向けの通信教育を、キッチリ選びとれるように、客観的な立場によって判定できる内容を提供していきます。それ以後は、ご本人様で選んでいってください。
現実的に合格率3%前後の超狭き門の、社会保険労務士試験にて合格をするためには、一から独学での勉強だけだと、スムーズに行かないことがいっぱいあり、専門スクールに通うかあるいは、通信教育を受け受験勉強を行うのが多くの受験生の選択です。
全般的に、社会保険労務士試験に一から独学で合格を得るのは、難易度が高いということを覚えておくといいでしょう。それに関しましてはこれまでの合格率の数字が10%に満たない現実からも、容易く知りえることでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|基本的に社... | トップ | 社会保険労務士|資格をとる... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL