13年の経験を持つ社労士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業するためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|税制の消費税法は…。

2017-06-09 20:30:08 | 日記

これより資格取得に向けて学習をスタートする人達におきましては、「社会保険労務士試験に関しては、どの位の勉強時間を堅持したら合格できるんだろうか?」というのは、興味を持つ点だと考えます。
原則的に独学で勉強して、合格を勝ち取るのは、無理ではありません。ですが、社会保険労務士は10人受験をしたとして、合格者ゼロの場合もあります非常に門戸が狭い試験となっております。それを乗り越えるには、良い勉強法を会得することが求められます。
会社に属しながらコツコツ勉強して、3回目の正直で挑んだ試験で社会保険労務士資格試験に合格することができました、わが身の受験を思い返しても、最近の難易度の程度は、かなり高難度になってきていると思っています。
税制の消費税法は、社会保険労務士試験の主要科目の中では、言うほど難しい難易度ではなく、簿記の基本の知識をキチンと把握していれば、割と容易く、合格するのに必要な6割以上の点数をとることが可能でしょう。
勉強時間が日頃多く持てる人は、オーソドックスな勉強法を取り入れることによって、社会保険労務士試験の合格も実現可能ですけれど、毎日何やかやと時間的に制約条件があるという方には、いいやり方とは言えないと思います。

法律系の学部を専攻しておらずとも、ともに現場での経験をしたことが無くても社会保険労務士の国家資格はとれるものですが、その分だけ独学スタイルなら、何百時間もの勉強時間・量もマストなことです。まさに私も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、それをかなり実感しております。
合格率の割合が7%程度と、社会保険労務士試験は非常にハードな難易度の国家試験でございます。とはいえ、度を越えて気後れすることはないですよ。地道に努力を積み重ね続けることにより、あなたも必ずや合格実現は目指せます!
基本演習問題をリピートし理解度をアップし基礎作りをした後、実践的&総括的な問題へと転換していく、フツーの勉強法を実行するのが、社会保険労務士試験の中における会計科目の簿記論におきましては、実効性があるようです。
現実的に合格率3%前後の難関の、社会保険労務士試験において合格を獲得するには、オール独学での勉強のみで挑むのは、簡単にはいかない事柄が多く存在し、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで学習するのが多数派となっております。
たった一人で独学での社会保険労務士試験の勉強法を決める際に、最も障壁となり得るのは、学習している中にて分からない点などが出てきた折に、周囲に質問できる相手がいないことであります。

色々利点がある、社会保険労務士の予備校通学での効率良い勉強法ですが、現実的に数十万円を超えるそれなりの金額が掛かってきますから、全ての人が受講できるわけじゃないというのが本音です。
事実過去に法律に関する知識など無いのに、僅かな期間で見事社会保険労務士試験に合格した先輩もいたりします。合格をした方々に同様に共通している点は、自身にピッタリの「実践的な勉強法」を見い出せたということです。
お勤めしながら、社会保険労務士の資格を目指す方たちも多数いるでしょうから、ご自分のやるべきこと・やれることを日毎着実に続けていくといったことが、社会保険労務士試験の合格を実現できる早道となるのかもしれません。
できたらもしもの場合に備える、限りなく無難に、念には念を入れてという意味で、社会保険労務士試験にチャレンジする際に、専門予備校に通い学習した方が安全策ではありますけれど、オール独学を1つの道に選んでもいいかと思われます。
法律系国家資格の、専門知識が要求される仕事を担う、社会保険労務士と社会保険労務士でございますが、難易度を比較すると社会保険労務士の方がより難しめで、それに伴い活動内容にも、沢山異なる箇所がございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|通信教育の... | トップ | 社会保険労務士|国家資格を... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL