13年の経験を持つ社労士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ社労士が教える受験に関する情報から独立、開業するためのノウハウを随時発信していくブログです!

社会保険労務士|この先本格的に勉強に取り掛かるという人にとっては…。

2017-06-19 10:10:04 | 日記

2006年度(平成18年)から、社会保険労務士試験システムに関しては、沢山変わりました。それまでと違い法令科目が、問題の半数以上を占めるようになり、選択制のマークシート式の、記述形式の問題といったような新しい傾向の試験問題も登場し出しました。
普通、社会保険労務士試験に完全に独学で合格を狙うのは、相当厳しいという現実を確認しておきましょう。そのことは従前の合格率の値が10%に届くことがない事実があることからも、誰の目にも明らかに想像できてしまいます。
難しい「理論暗記」から社会保険労務士試験勉強法のアドバイス、また脳を育てる頭脳開発、速聴・速読法ということ等についても考察!この他暗記力を高める方法だったり、受験勉強に、役立つアイテムなどをこちらで色々ご紹介します。
一般的に社会保険労務士試験の主要な特質につきましては、達成度を評価する試験が執り行なわれており、合格人員数を先立って設けていないため、つまりは試験問題の中身の難易度自体が、明らかに合格率に反映されることになります。
著しく高難易度の国家資格試験ですが、各々その時その時に受験しても良いので、それにより社会保険労務士試験は、各年5万を超える人が受験に取り組む、受かりにくい試験となってます。

実際に社会保険労務士資格取得試験の合格率の数字は、およそ1.75%ぐらいと発表されています。つい最近では、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院がつくられ、そのコースを終了したら、新司法試験を受験する際に必要な資格が手にできます。
社会保険労務士の国家試験制度の変更にあたって、それまでの運・不運による博打的条件が全部消え、実に適格性があるのかが大きく問われる試験に、今の社会保険労務士試験は改められたのです。
普通社会保険労務士試験を独学で合格することは、壁が厚いですけれども、勉強手段に変化を持たせるとか、情報を色々見聞きすることによって、ごく短期間で合格することを目指すというのも、不可能なことではないでしょう。
この先本格的に勉強に取り掛かるという人にとっては、「社会保険労務士試験は、どの程度の勉強時間を保ったら合格が叶うの?」ということが、確認しておきたい事柄ではないかと存じます。
今日び、社会保険労務士試験の合格率の数値は、一桁台で2〜3%くらいです。必要なトータル勉強時間との相互関係を一考すると、社会保険労務士資格試験がどんなに難易度が厳しいかご想像いただけるかと思われます。

基本的に社会保険労務士試験は、高難易度の国家試験の1つですから、最初から社会保険労務士のための専門学校に通学するようにした方が、リスクを避けられます。だけど、オール独学であれど各々の人によっては、とっても能率が上がるケースもあったりします。
税金について定められている消費税法は、社会保険労務士試験の主要科目の中では、そんなにレベルの高い難易度ではなくって、最低限知っておくべき簿記の知識をマスターしておいたら、比較して厳しいこともなく、合格レベルに到達することが可能となるでしょう。
実際社会保険労務士試験は、合格率の割合が6%前後という風に言われていて、実用的な事務系資格の内では、非常に難しいレベルの資格とされています。といいましても、全ての問題の内6割以上正しく答えられたならば、確実に合格できます。
税務の個別論点をしはじめたら、関係性がある例題に出来る範囲で積極的に取り組んで、キッチリ問題に慣れるようにするといったような勉強法を盛り込むのも、社会保険労務士試験における簿記論受験対策には殊に効力がございます。
従来より毎年、2万〜3万人前後の人達が資格試験を受験し、その中からたったの600人〜900人だけしか、合格を獲得できません。その1点に注視しましても、社会保険労務士試験の難易度がとても高いといったことがわかるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会保険労務士|社会保険労... | トップ | 社会保険労務士|実際社会保... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL