13年の経験を持つ税理士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ税理士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

税理士|基本税理士試験におきましては…。

2017-06-14 22:40:06 | 日記

只今多くの皆様方が、税理士の合格ゲットまでの道のり体験日記やらを、いっぱいネットなどで検索して目を通しているワケは、ほとんどが、どうした勉強法・やり方があなた自身にベストなのか、葛藤しているからでしょう。
資格に強いと評判のユーキャンの税理士の通信講座は、毎年概ね2万人程度から受講申込があり、ほとんど法律知識を持っていないといった受験者であれども、根気よく資格をとることが出来るまでの手順を身に付けられる、お勧めの通信講座でございます。
今から資格試験に向けて試験の勉強に取り組むという方なんかは、「税理士試験では、どれだけの勉強時間を保ったら合格するのか?」等は、気に掛かる部分ではないでしょうか。
基本的に消費税法に関しては、税理士試験の主要科目の中では、そんなに難易度レベルは難しくなっておらず、簿記の基礎の学識をいくらか持つことができていれば、他よりも簡単に、合格レベルに到達することが実現できるはずです。
税理士試験の簿記論については、ボリューム量は実に多々ですが、ほぼ完全に計算形式の問題で出題されますから、税理士資格取得は国家資格の中では、比較的独学で取り組んだとしても、取り組みやすい分野の試験科目となっております。

基本税理士試験におきましては、年齢はじめ性別に関する受験条件が無いため、経歴は条件が定められていません。したがって、今までに、法律についての勉強を行ったことがない場合でも、頭の良い大学を卒業していなくっても、税理士の資格をとることはできます。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、税理士試験は非常にハードな難易度の国家試験です。しかしながら、あまり恐れなくてもよいのです。一生懸命頑張れば、老若男女誰にでも確かに合格への道は目指せるんです!
実際毎年、2・3万名位の方たちが受験をして、多くとも900人くらいのみしか、合格することができません。その1点に注目しても、税理士試験の難易度が高度であるのかが想像することが出来るでしょう。
現実的に高い難易度を誇る国家資格の試験に関係なく、それぞれの科目ごとにその度ごとに受験することも出来るので、そのため税理士試験は、1回に5万を超える人が受験に取り組む、受かりにくい試験となってます。
勘違いの勉強法を継続して、迂回することほど、もったいないことはないでしょう。是が非でも効率的な学習法で短い期間で合格を獲得して、税理士となって社会に貢献しましょう。

実際法務専門の法科大学院で学業を修めた方でも、不合格になるといったことがあるわけですので、ツボを得た効率良い勉強法をよく考えて真面目に取り組まなければ、税理士試験に合格をするのはハードとなるでしょう。
科目合格制が採用されている、税理士試験に関しては、同じタイミングに1度に、5科目全部を受験するといったことは求められておらず、1回に1科目のみ受けても良しとされています。合格科目に関しましては、この先税理士になるまで合格は取り消されません。
実際に事前の法律についての知識を全く持っていないのに、比較的短いスパンにて税理士試験に合格できる受験生もいます。この人たちに見られます共通する部分は、自らに合う「現実に合った正しい勉強法」をチョイスできたことといえるでしょう。
わかりやすく言いますと税理士試験は、税理士の資格を得るのに不可欠な法律の知識、かつまたその事柄を応用する器量を有するか否かを、審判することを目当てに、実行する門戸の狭い国家試験です。
数年前までは税理士試験については、他より比較的取得しやすい国家資格だなんて言われていたわけですが、今はすっごくハードルが高くなっていて、全力で取り組まないとなかなか合格を実現できないという資格とされております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|まさに現在…。 | トップ | 税理士|基本科目合格制度が... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL