13年の経験を持つ税理士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ税理士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

税理士|人によっても異なりますが9月はじめから…。

2017-06-14 02:00:07 | 日記

この先税理士資格をゲットする為に試験学習をやり始める受験者においては、「税理士試験については、どれほどの学習時間を費やせば合格できるのか?」というのは、チェックしておきたい点だと推察します。
人によっても異なりますが9月はじめから、来期の税理士試験に照準を合わせて下準備しはじめる受験者も、沢山おられるのではないでしょうか。1年ぐらい長く続く受験学習では、ご自身にフィットする勉強法を見つける工夫も必要であります。
実際税理士試験の大きな特徴を示しますと、定められた基準を軸に評価する試験法となっており、合格者の上限人数をのっけから定めていないので、言ってしまえば試験問題の難易度の加減が、ありのまま合格率に深く影響します。
実際授業を受けられますスクールもカリキュラム内容についてもいろいろございます。そのため、いろんな税理士専門講座の中から、働いている人でも両立して効率よく学べる、通信講座を開催している資格スクールを比較しおススメ点を挙げました。
大手中心に大抵の専門スクールについては、税理士向けの通信教育が提供されています。またその中には、デジタルメディアプレーヤーなどを使って、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育を受講することが可能である、資格スクール等もございます。

基本特徴ある科目合格制というやり方が設けられているため、税理士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験に臨みやすいのですが、その分受験勉強の期間が長くなってしまう可能性があります。なので、先人の方々の勉強法というのを取り入れるのもよいのでは。
実際スクールの税理士の講座を受講したいけれど、近隣地域に専門学校が一つもない、仕事が多忙を極めている、学校に足を運ぶ時間が全くないという方たちに対して、各々の学校にて、お家で学習出来る通信講座(通信教育)を取り入れています。
学習に集中することが可能な時間が日頃多く持てる人は、オーソドックスな勉強法をやり続けることにより、税理士試験で合格を得ることも可ですが、自分で別の仕事をしているなど多忙を極めている人にとりましては、良い方法とは言い切れません。
通学式の講座と通信式での通信講座をミックスして受講できるカリキュラムを設けている、長年の実績が名高い「資格の大原」は、高精度の指導書と、ベテランの講師たちにより、常に税理士合格を獲得した人の半分を世に送り出す高い功績を残しています。
受験制度の作り変えを機に、これまであった努力よりも運に関係する賭け事的な点がカットされ、実際に腕前があるものかが大きく問われる登竜門的な試験へと、税理士試験の中身はベースからチェンジしました。

税制の消費税法は、税理士試験の受験科目の中では、あんまり難易度は高度ではないもので、簿記の基礎の学識を確実に理解しておくことで、相対的に厳しいこともなく、合格圏内に入ることが可能でしょう。
はじめから会計事務所とか税理士事務所にて、経験&実力を増やしながら、ちょっとずつ勉強していくというタイプの方は、比較的通信講座が1番合っているだと言えるのではないでしょうか。
例年全受験科目の平均的な合格率の割合は、全体から見て10%〜12%あたりであり、別の難関資格以上に、合格率が高めに捉えやすいですけど、それは科目毎の独立の合格率とされ、税理士試験全部の合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。
完全に独学にて学ぼうとする、精神力はございませんが、自身のコンディションに沿って勉強を取り組みたいと考える方でありましたら、どちらかと言いますと税理士の通信講座を選択した方が、ベターな勉強法であるといえるでしょう。
不適切な勉強法で挑んで、合格への道まで遠回りすることほど、残念なことはありません。是が非でも手際の良いやり方で短い年数で合格をゲットし、念願の税理士の仕事に就こう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|法律系の資格の中に... | トップ | 税理士|仕事をやり続けなが... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL