13年の経験を持つ税理士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ税理士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

税理士|一昔前までは合格率10%超えが普通だった税理士試験でありましたけど…。

2017-06-16 22:20:03 | 日記

一般的に科目合格制の、税理士試験のシステムは、同じタイミングに1度に、5教科を受験するといったことは強制されておらず、時期をずらして1教科ごと受験してもOK。先に合格をゲットした科目は、この先税理士になるまで有効なものです。
大手中心に大抵の専門学校・スクールには、税理士資格取得を目指す通信教育の提供が行われております。通信教育の中には、動画ファイルなどを活用して、時代の最先端をゆく通信教育が受講可能な、学校なんかも多くございます。
できたらもしもの場合に備える、石橋を叩いて渡る、用心するに越したことはないという目的で、税理士試験を目指す場合、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に通った方がいいでしょうけれども、独学で行うというのを選択することも不都合はございません。
一昔前までは合格率10%超えが普通だった税理士試験でありましたけど、ここ数年は、10パーセント以下でずっと定着をみせております。合格率が一桁台である場合、難易度レベル高の国家資格の1業種として、挙げてもいいでしょうね。
原則的に税理士試験は、スゴク高難易度でございます。合格率の平均は、おおよそ10%位です。だけど、一回に限った試験で挑むのではなく、5年間くらいかけて合格を狙うつもりなら、そんなにもハードなことではないといえるでしょう。

中には法科大学院の修了者であろうと、試験に不合格となることが見られるほどなので、ツボを押さえた成果が期待できる勉強法を色々考えて挑戦しなければ、税理士の試験に合格をするのはハードとなるでしょう。
税理士試験を受験するときは、現実的には筆記形式の試験しか無いというように、考えてしまって結構です。と言うのも、もう一つの口述試験は、余程の事が起きない限り不合格とはなり得ない試験の中身だからです。
根本的に税理士試験の特徴を示しますと、点数主義の試験とされているもので、合格できる上限人数をはじめから確定していため、結局のところ当日の問題の難易度レベルが、ありのまま合格率になって表れます。
税理士試験においては、受験者の合格率が6%ぐらいという風に言われていて、事務系の公的資格としましては、壁が高い資格だと感じられるでしょう。しかしながら、全体的に問題の約6割正解すると、合格できるのです。
難易度高の資格の試験であっても、各科目ずつ何年かにわたって受験するということが可能とされているため、それ故税理士試験は、1回に5万名以上が受験にチャレンジする、国家試験です。

現実、税理士試験については、1つの科目につき2時間だけしか受験時間があてられておりません。限られた制限時間内に、合格圏内に入ることができる点を目指さなければいけないため、勿論のことながら迅速さは必須事項です。
最初から独学のみで学習をするなんて、自信はゼロですが、マイペースで取り組みたいというような受験者に対しては、事実税理士専門の通信講座の方が、最適な進め方での勉強法でしょう。
課税等の消費税法は、税理士試験の受験科目の中では、そんなにも難易度は高めに設定されておらずに、簿記に関する基本知識を押さえておくことにより、割かし難度も低く簡単に、合格レベルに到達することが可能でしょう。
通学授業プラス通信講座の2タイプを順番に利用できる、CMでも有名な「資格の大原」は、高品質の学習材と、かつまたプロフェッショナルの講師達の指導で、常に税理士合格を獲得した人の半分を世に送る高い実績を有しています。
やはり税理士に合格するには、しっかりした勉強法で取り組むのが、極めて肝です。このウェブサイトでは、税理士試験の受験日程はじめ専門の参考書の選び方など、受験生向けの役立つ情報などを載せています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|1教科ずつの合格者の... | トップ | 税理士|お勤めしながら…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL