13年の経験を持つ税理士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ税理士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

税理士|すでに日商簿記2級や1級の資格を完全に独学にて…。

2017-06-18 22:20:06 | 日記

実際に全資格試験科目の平均合格率の値は、概ね1割とされ、これ以外の難関資格と比べて、合格率が高くなっているように思ってしまうかもしれませんが、それに関しては各試験科目の合格率であるわけで、税理士試験オールでの合格率ではございませんから、忘れないようにしましょう。
私自身税理士試験の勉強を進める中では、集中力をキープしにくかったりだとか、モチベーションアップが辛かったりという短所も味わいましたが、総括的には通信講座をやって、良い結果を得られたと心底思います。
実際合格の結果が得られなかった時の、トータルの勉強時間のムダを思いますと、税理士の受験は専門学校の通信講座、もしくは通学しての講座受講を利用するのが、間違いなく無難だろうと思っています。
言うまでも無く、税理士試験に関しては、全力で取り組まなければいい結果が出ない、極めて手ごわい試験だと痛切に感じています。即ち少しでも使える時間があったらなるべく合理的に使って受験勉強を行った人が、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
現実的に税理士試験を独学にてパスしようとするのは、高難度でありますけれど、勉強のやり方を上手く工夫するとか、必要な情報を確認することで、わずかな時間で試験合格を果たすのも、できるものです。

2006年度(平成18年)から、税理士試験制度については、多数修正がされました。今は法令科目が、より重視されるようになって、多肢択一の問題であったり、記述方式の試験問題といったこれまでになかった形式の問題もお目見えしました。
当然ながら一から独学で、合格を勝ち取るのは、不可能なことではございません。しかしながら、例年税理士に関しては10人受けたとして、合格できた人が1人もいないという高難易度の国家試験。それを乗り越えるには、良い勉強法を入手することが欠かせません。
司法試験と同じ勉強法でございますと、純粋にまっさらな税理士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、全体の勉強量がものすごいボリュームになる可能性あります。その上思うような結果には至らず、費用対効果が望めません。
今の時点に皆さんが、税理士の受験・合格体験記録などのものを、様々情報を探し回ってチェックを入れる理由とは、高確率で、どんな勉強法・進め方がご自分に対してベストなのか、迷いが生じているからでしょう。
今の税理士試験に関しては、現実的には筆記で解答する問題しか用意されていないと、考えてもOKです。と言うのも、口頭での試験は、余程の事が起きない限り不合格とはなり得ない試験となっているためです。

すでに日商簿記2級や1級の資格を完全に独学にて、合格を実現された方であれば、税理士試験の必須科目の簿記論&財務諸表論の2つにつきましては、基礎があるので独学で合格を実現しようとするのも、ハードルが高い挑戦ではないのでは。
一般的に税理士試験は、狭き門とされております、国家資格の一つであります。このHPでは、目的の税理士試験に必ずや合格するための能率的な勉強法等を、私の合格までの道の実体験をもとにして詳しく書いていきます。
現実多くの方は、テレビCMなどが流れている有名な会社だから確実なハズ等の、何一つ手がかりもない不確かな所以で、通信教育を選びがちです。しかし、そのような姿勢では難関の税理士に、合格できるはずはないといえます。
効率の悪い勉強法を実践して、労力掛けて寄り道するというのはめちゃくちゃもったいないことであります。是が非でもベストな学び方で短い年数で合格を得て、税理士になろう。
学習にかけられる時間が日常的に沢山キープできる人は、普通の勉強法にて、税理士試験の合格も実現可能ですけれど、自分で別の仕事をしているなどスケジュールに追われているような方には、最善な方策ではないといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|毎度大抵…。 | トップ | 税理士|一昔前までは税理士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL