13年の経験を持つ税理士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ税理士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

税理士|法律系国家試験の税理士試験の合格率の数字は…。

2017-07-14 03:10:08 | 日記

受験当日まで学習時間が日常生活で結構確保することができる受験生であれば、通常の勉強法で取り組めば、税理士試験の合格を目指せますが、普段から仕事に追われているなど予定が一杯な方には、ベストな取組方法ではないでしょう。
一般的にほとんどの専門学校・スクールには、税理士対象の通信教育が設けられております。そんな中には、動画ファイルなどを活用して、流行の最先端を取り入れた通信教育を受講することが可能である、資格取得学校なんていうのも出てきました。
他よりもかかる費用が安い、問題の出題範囲を選び抜き、勉強量を削った講座計画、ハイクオリティの教材各種などが好評の高合格率を誇るフォーサイト。税理士対象の通信講座と言えば名前が一番に挙がる、等と口々に言われているくらい、受験生の間で人気となっています。
100パーセント独学でやり通したい気持ちもわかるけど、学習の時間管理や受験勉強の方法などに、少々心配になるなどの折には、税理士試験を受ける人を対象とする通信教育(通信講座)を受けるなんていうのも、ひとつの手段であるでしょう。
法律系国家試験の税理士試験の合格率の数字は、大よそ10%あたりと、難しい試験とされているにしては、合格率が高めとなっています。とは言え、一回目の試験で合格を手にするのは、ほとんど0%と言われているみたいです。

一昔前までは税理士試験に関しましては、相対して取得しやすい国家資格と周知されていましたが、昨今はとっても難関資格になっていて、どんなに頑張っても合格できないという資格になっております。
全部独学だけに限定して勉学するほどの、意識はないのですが、己の進度で学習したいと考えている方ならば、税理士対象の通信講座を受けた方が、好都合な勉強法といえるかと思います。
地域に密着した『くらしの法専家』として、活躍可能な税理士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は不問とされております。誰であろうと挑戦可能ですから、通信教育内でも、老若男女問わず高人気の法律資格でございます。
法律で平成18年より、税理士試験の問題内容は、多数訂正されました。それまでと違い法令科目が、重要視され、択一式の試験問題や、論述式問題のようなこれまでになかった形式の問題もお目見えしました。
これから資格スクールで税理士に特化した授業を受けたいのだけど、近隣地域にそれらの専門学校が存在しない、仕事が忙し過ぎる、家事などで学校に通学する暇がないような人に向けて、各学校では、好きな時間に勉強すればよい通信講座を取り入れています。

いわゆる難関と口々に伝えられている税理士試験の難易度というのは、超高度であり、平均の合格率も概ね2・3パーセントと、国家資格内でも、トップクラスの難関資格試験となっております。
実際税理士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、大変ハードルが高いのですが、独学にて挑みたいと考えている方は、先に会計の科目の勉強から取り掛かるようにするといいでしょう。
税理士と並ぶ法律系の国家資格とされ、高い専門性を持つ仕事を行う、税理士と税理士なのですが、難易度のレベルは税理士の方が一段と壁が高くて、それに伴いお仕事内容についても、大幅に違っております。
法律系国家資格の中でも、難易度レベルが高い税理士でありますが、他と比べて合格を獲得するまでの経過がキツイからこそ、ようやく国家資格を得た後は確実な就職やお給料、加えて名誉ある地位を得ることが出来る可能性もあります。
当然税理士試験を学校・スクールなどへ行かずに独学でパスするのは、かなりハードといえますが、学習の仕方をアレンジするとか、様々な情報をキッチリ確認することで、短いスパンにて合格を叶えるなんてことも、出来てしまうのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|税理士向けの講座を... | トップ | 税理士|難易度の高い税法科... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL