13年の経験を持つ税理士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ税理士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

税理士|難易度の高い「理論暗記」を第一に…。

2017-07-15 15:30:08 | 日記

難易度の高い「理論暗記」を第一に、税理士試験の効率良い勉強法、また脳を育てる頭脳開発、速聴や速読といったことなどについても完璧にリサーチ!そのこと以外にも暗記テクニックですとか、勉強をする中で、有用なモノ・コトを様々に紹介いたします。
資格に強いと評判のユーキャンの税理士の試験対策講座は、例年大よそ2万名に利用されており、全然学識が無い人の場合であれど、コツコツ粘り強く試験の攻略法をベースから学ぶことができる、国家資格人気上位の通信講座とされております。
実際に税理士試験の勉強をやる上におきましては、集中する力を維持することが難しく感じたり、モチベーションを持ち続けることが辛かったりというデメリットな部分も存在しましたが、総括的には通信講座を受けて、満足できたように思えます。
当然、税理士試験に関しては、半端な行動では合格することが出来ない、高難易度の試験であると思い知らされます。結局のところ勉強にあてることができる時間を効率的に使用して受験勉強を行った人が、結果合格につながる試験なのです。
今日の税理士の資格取得は、平均の合格率が約6%少々と公表されており、オフィスでの事務系資格としましては、非常に難しいレベルの資格だと感じられるでしょう。しかしながら、出題問題のうち約6割正解すると、合格確実です。

日中会社に通勤しながら勉強を両立して、とうとう3度目の試験にて税理士に合格できた、自分自身の乗り越えてきた経験を見つめ直しても、ここ2・3年の難易度につきましては、著しく上がっておりより狭き門になっているように感じています。
元来通信教育(通信講座)は、学習材の出来栄えが受験生の運命を決めるといえます。昨今ではDVDだったりオンライン動画配信などの映像教材も増加していますが、各々の税理士の資格取得学校によって、その内容についてはかなり異なります。
基本的に税理士試験の特徴点としまして、定められた基準を軸に評価する試験制度が設けられており、合格者の上限人数を前もって設定していないので、すなわち本番の問題の難易度の程度が、リアルにそのまま合格率になって表れます。
果たしてどんな予想問題集などで勉学に努めるかということ以上に、どんな種類の効率の良い勉強法で学んでいくのかということの方が、断然税理士試験をクリアするためには大切だと考えられます
このインターネットサイトに関しては、経験豊富な税理士が、税理士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法を伝授し、税理士を対象としている通信講座(通信教育)の世間の人気度、ユーザーの口コミなどの調査を行い、まとめたHPとなっています。

中でも税理士試験につきましては、ハイレベルな法律系国家資格試験とされているので、とりあえず税理士対象の専門学校に行くようにした方が、安心できるかと思います。ですけど、独学であっても人によっては、とても効果がみられるようなこともしばしば見られます。
かいつまんで言えば試験での点数には「足切り点」といいます厳しい仕組みが、税理士試験には存在しております。簡潔に言えば、「範囲内の点数に足りていないなら、不合格判定になります」といった点数というものがはじめに設定されているのです。
深い知識・経験を要する試験の内容ですから、難易度がとても高めでありますが、そもそも税理士試験では、いわゆる科目合格制度の起用を実施しているため、各科目ずつ何年かかけて別々に合格しても、いい国家試験とされます。
国家資格5科目合格に到達するまで、長い年数がかかってしまう税理士試験では、数年にわたり勉強していける状況が、決め手で、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、よりそういった部分が関係してきます。
毎回、税理士試験の合格率のパーセンテージは、大体2〜3%程度でございます。学習にかける時間数との双方のバランス加減を一考すると、税理士の国家資格取得試験がどれだけ高い難度であるか想像出来るでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|国家資格専門学校の... | トップ | 税理士|関門であるといわれ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL