13年の経験を持つ税理士が教える飛躍的にキャリアアップするための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ税理士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

税理士|関門であるといわれております税法教科の「理論暗記」を主に…。

2017-07-15 23:00:07 | 日記

長期間にわたる税理士試験勉強は、集中力をキープしにくかったりだとか、モチベーションの保持が辛かったりというデメリットな部分も結構あったわけですけど、全体として通信講座を選択して、資格を取得することが実現できたというように思っております。
実際に全資格試験科目の合格率のアベレージは、10〜12%程度となっていて、様々にある他の難易度の高い資格よりも、高い合格率に思ってしまいますが、これについては各々の試験科目の独立の合格率とされ、税理士試験トータルでの合格率というものではないです。
ベテランの先生たちに直々に指導を受けることが出来る専門学校へ通うプラスの点は、惹き付けられるものがありますが、ずっと積極的な姿勢さえキープすることができるようなら、税理士資格取得通信教育で学習を行うことにより、しっかりレベルアップが出来るといえます。
一般的に、税理士の資格取得をしようとする折は、完全に独学で合格を獲得しようとする人がかなり少ないということもありまして、他にある国家資格試験に比べると、市販の教科書もいうほど、ございません。
大概の方たちは、よく知られた会社であるからとか、何一つ手がかりもないテキトーな動機で、通信教育を決定してしまいます。しかし、そんな選び方で高難易度の税理士に、合格なんて出来るはずはありません。

一般的に「くらしの法律家」として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する税理士の試験を受ける際に、資格に関しては不問です。誰であっても挑戦可能ですから、通信教育の内でも、歳や性別関係なく誰からも関心を寄せられているランキング上位の資格であります。
実際完全に独学で、合格を目指すのは、無理ではありません。ですが、税理士の試験につきましては10人受けても、合格者が0人のケースもある高い壁の法律系国家試験です。それを乗り越えるには、優れた学習方法を確立する必要があります。
法律で平成18年より、税理士試験の問題内容は、かなり変わりました。新たに法令科目が、重点を置かれるようになって、選択制のマークシート式の、記述タイプの問題のような暗記だけでは解けない問題なんかもお目見えしました。
生涯学習のユーキャンの税理士資格の通信講座につきましては、毎年毎年約2万人の方たちに受講がされていて、全然学識が無い人の場合であれど、辛抱強く資格取得できる能力を基本から習得可能な、合格率が高い通信講座です。
以前においては一般的に税理士試験は、他より比較的取得できやすい法律系資格なんて言い表されてきましたけれども、つい最近においては大いにハイレベルになっており、相当努力しないと合格を実現できないという資格とされております。

合格率のパーセンテージが全体の7%前後とすると、税理士の資格試験としてはとっても難易度が高く感じますが、特定の基準に基づいた全体の60%以上の問題をしっかりクリアすれば、合格を得ることは間違いないでしょう。
色々存在している税理士の通信講座のうちでも、特に効果的でおすすめなのは、東京リーガルマインド(通称:LEC) です。講座で使用する専門のテキストは、税理士の資格をとろうと志している受験生の中で、最良のテキスト本として評判となっています。
関門であるといわれております税法教科の「理論暗記」を主に、税理士試験の勉強法のコツ、そして科学的な頭脳開発、速聴や速読の能力トレーニングなどについても考察!このこと以外にも効率イイ暗記法だとか、試験勉強に、有益な多様なツール等様々な情報をピックアップいたします。
独学スタイルでの税理士試験に向けての勉強法を決定する場合に、特に問題として発生しやすいのは、勉強途中に不明点が発生してきた時に、尋ねることが出来かねることです。
法律系国家資格の、非常に専門的な役割をする、税理士と税理士でございますが、難易度を見比べると税理士の方が厳しく、加えてその業務の中身にも、結構違っております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税理士|難易度の高い「理論... | トップ | 税理士|連結実務の個別論点... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL