13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|正直DVDでの映像授業ですとか…。

2017-06-18 20:30:11 | 日記

日本で実施されている国家資格の中でもほぼトップクラスといえる難易度とされる司法書士試験の実際の中身は、全部で11分野の法律の中より広く問題が出ますので、合格に至るまでには、長期に及ぶ勉強継続が求められます。
ここ何年かいつも、司法書士試験における合格率は、大体2〜3%程度でございます。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間とのお互いの兼ね合いを一考すると、司法書士資格試験がどれ位難易度が高度となっているかイメージすることができるのではないでしょうか。
法令の知識を大学で勉強していなくても、並びに実務の経験ゼロであっても司法書士を目指せますが、ともあれ一から独学である場合は、めちゃくちゃ勉強しなければいけないことも確実に要求されます。己自身も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、深く感じています。
正直DVDでの映像授業ですとか、テキストだけでの勉強の進め方に、ちょっとばかり心配があるのですが、過去に通信講座オンリーで、司法書士試験に合格した先輩方も多くいらっしゃるし、なので独学で取り組むよりかは、いいはずであると信じています。
制限のある時間をフルに活かして、勉学に励めますので、仕事をしながらや及び家事などと二足のわらじを履いて司法書士資格の取得を目指そうと思い描いている方にとりましては、通信講座(通信教育)の受講は、とても都合良いものであります。

合格できず落ちたときの、総勉強量&時間のリスク面を見ると、司法書士資格を取得する受験は専門予備校の通信講座、それか学校に行って授業を受講する通学講座をチョイスするほうが、より固いではないでしょうか。
昨今は、通学して教わっている受験生たちと、さほど大きく異ならない勉強が可能になっております。そちらの点を実現可能にするのが、まさに司法書士対象の通信講座のオーソドックスな教材とされているDVDで解説を受けるタイプのものです。
受講代金が少なくとも30万円以上、あるいは50万円以上を超す、司法書士向けの通信講座なんぞも珍しいことではありません。それに関しては受講契約の期間も、1年強の長期スパンの課程であるというのが、しばしばございます。
一般的に司法書士試験は、高い難易度を誇る国家資格取得試験でありますため、経験豊富な教師陣が揃った予備校に行くようにした方が、ベターです。しかし、たった一人で独学で進めても、とっても能率が上がる等の成果も見られたりするのです。
実践で「法律学的に考える頭を持った方」であるのかないかを確かめるような、相当難易度が厳しい受験といわれているのが、今時の司法書士試験の状況ではないかと思います。

前から、法律の知識を何も持たず取り組み出し、司法書士試験合格に欠かせない合計の勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。実際的に一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。
いかなる問題集を使ってマスターするのかということよりも、いかような効率いい勉強法でガンバルのかという方が、確実に司法書士試験をクリアするためには重要なのです。
実際現在の司法書士においては、超難易度レベルが高い試験で、どこの通信教育を選択するかで、合否判定が決まってしまいます。しかしながら、色んな会社が軒を連ねておりどちらをセレクトするとベストなのか、悩む方も多いかと思います。
元々、司法書士の資格をとる際は、学校にも通わず独学スタイルで合格実現を目指す人が僅かということも関係し、その他の資格試験と比較して、市販の教科書もそんなに、売り出されておりません。
ベテラン講師達に直々に指導を受けることが出来る学校へ行く良い点については、魅力あることですが、集中力さえキープし続けることができましたら、司法書士資格取得の通信教育での学習にて、望んでいる実力を身につけることが実現可能です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|日中普通に働きな... | トップ | 司法書士|現実的に司法書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL