13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|実際司法書士試験に関しては…。

2017-06-14 09:10:02 | 日記

平成18年度に入ってから、司法書士試験に関しましては、新しく変更が行われました。一般科目よりも法令科目が、主要となり、マークシート方式の試験問題だとか、記述タイプの問題のような今までなかった流れの問題も広く出題されています。
網羅的なテキストでさえも掲載が行われていない目にすることの無い、学識が必要とされる問題につきましては、キッパリ断念すると良いかと思います。割り切りを持つのも、難易度高の司法書士試験においては、重要事項なのです。
会計と税務の個別論点の中身に取り掛かり始めだしましたら、相関がある事例や演習問題に可能な限り臨むようにして、いくらか問題に慣れておく万全を期した勉強法を新たに盛り込むというのも、司法書士試験の中での簿記論対策に関しましては著しく効果が期待できます。
色々利点がある、司法書士学校通学におけるノウハウがつまった勉強法ですけれども、普通十万以上の相当な受講料が要求されますので、誰もが通えるものではないと言えます。
只今多くの皆様方が、高難度の司法書士のリアルな合格体験ブログ等を、いろいろとサーチして読まれている目的は、十中八九、どういうような勉強法が自らにフィットするのか、迷いが生じているからでしょう。

従来より毎年、2・3万名位の受験者が挑戦し、僅か600名〜900名程度しか、合格を勝ち取ることが出来ません。この現況をとり上げましても、司法書士試験がどのくらい難易度が高いのかが分かるはず。
どのテキストで勉強をするのかというのではなく、どの勉強法を採用してガンバルのかの方が、一層司法書士試験を通るためには重要視されます。
当サイトにおいては、司法書士資格の通信教育を、適正に選べますように、公平に判断が行える有益な材料を定期的にアップしていきます。そして、その後はあなたの判断で選定して下さい。
基本的に通信教育の講座では、司法書士試験の受験対策を万全にとった、受験専用の教材が用意されているので、独学で取り組むよりも勉強方法が把握しやすく、勉強が効率よくできると断言します。
いざ専門学校の司法書士向けのレッスンを受講したいんだけど、近いエリアにそれらの専門学校が存在しない、会社が忙しい、学校に通学する時間をなかなか確保することができない等の人向けに、多くのスクールにおいては、通信講座制度を開いています。

毎年合格率が約2・3%の超狭き門の、司法書士試験に合格しようとするには、一から独学での学習のみでチャレンジするといったことは、大変なケースが多く存在し、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して受験勉強を行うのが大部分となっています。
原則的に司法書士試験は、スゴク高難易度でございます。毎年合格率は、10%程となっています。ではありますが、一度の試験ではなしに、数年かけて合格を狙うのであれば、そんなにヘビーなことではないといえます。
このサイトは、現役のプロの司法書士が、司法書士試験の効率いい勉強法の指導はじめ、並びに多くの司法書士対象の通信講座の受験者たちの間での意見、ユーザーの口コミなどの調査を行い、解説を載せているHPとなっています。
一般的に司法書士試験は、厳密な受験条件などなく、学歴の有無は一切関係ないものであります。その為、それまで、法律に関する詳しい勉強を1度たりともしたことがないケースであれど、有名な大学を卒業していないという方でも、司法書士資格は取得可能であります。
実際司法書士試験に関しては、難関であるというように周知されている、国家資格の一つであります。こちらのページでは、狙う司法書士試験に晴れて合格するための有益な勉強法などを、私自身の合格するまでのリアルな実体験をベースに書き記します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|実際合格率が平均7... | トップ | 司法書士|現実…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL