13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|現実…。

2017-06-14 11:50:03 | 日記

実際司法書士試験の合格率に関しては、大よそ10%あたりと、難関試験とされている割には、合格率が高いものとなっています。けれども、一度の挑戦で合格することが出来るのは、可能性がほぼゼロと聞かされました。
一般的に司法書士の合格率の数値は、1〜2%位というデータが出ています。最近では、日本国内に法務専門の法科大学院といったものが設けられて、そちらの教育課程を修了することで、新司法試験を受験する折の必須資格が授与されます。
簡単に言いますならば試験での点数には「足切り点」といいます特筆するべき制度が、司法書士試験にあり大きな特徴です。要するに、「必須点数に到達していないと、不合格扱いになる」とした点数が用意されているのです。
学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方のコースを同時進行で受講することが出来ます、「資格の大原」の専門学校におきましては、満足のいく教材と、プラス実力のある講師陣で、司法書士資格合格者の半分の人数を世に出すといった業界トップクラスの実績を誇ります。
こちらのネットサイトに関しましては、現役のプロの司法書士が、司法書士試験のGOODな勉強法を助言し、司法書士を対象としている通信講座(通信教育)の受験生間においての人気の現状、口コミサイトなどの情報をコレクトし、まとめたHPとなっています。

法令系の国家資格であって、極めて専門的な要素を含む業務を執り行う、司法書士及び司法書士でありますけど、難易度を見比べると司法書士の方が一層手ごわく、合わせて取り扱う業務内容にも、いくらか違うのです。
今から8年前の平成18年度から、法律系資格の司法書士試験は、色々訂正されました。それまでよりも法令科目が、より重視されるようになって、多肢択一タイプの問題とか、40字程度の記述式の問題というような新たな傾向の問題も見られるようになっています。
現実、司法書士試験については、そう簡単ではないと言われている、国家資格の一つであります。ここにおいては、憧れの司法書士試験に見事合格するために有効な勉強法などを、管理人自身の合格までの道の生の経験を基に公表します。
資格をとるため専門学校にて司法書士向けのレッスンを受講したいんだけど、近いエリアにスクールが1件もない、仕事が忙し過ぎる、家事などで学校に通学する暇がない等の人向けに、個々の学校では、手軽な通信講座を取り入れています。
基本的に科目合格制システムでありますから、司法書士試験につきましては、働きながら資格取得を目指す受験生も受験しやすいわけですが、その反面、受験生活のスパンが長めになる風潮がしばしばみられます。なので、先人の方々のやってきた勉強法をお手本にするとよいでしょう。

現実司法試験と等しい勉強法ですと、事前知識の無い司法書士試験に限る受験生よりも、勉強時間&勉強量が多大になりやすいものです。さらに望むような結末は迎えられず、費用対効果が望めません。
本来合格率といいますと、司法書士国家試験の難易度の高さを表す明白な指標のひとつとなっていますが、このところ、この値がハッキリと下がってきており、受験生達に注目されています。
そもそも司法書士試験とは、スゴク高難易度でございます。例年平均合格率は、概ね10%であります。だけど、一度だけの試験にかけないで、5年間くらいかけて合格を目指す計画でしたら、取り立ててやってやれないことではありません。
多種多様な事柄をまとめたテキストブックにすら掲載が行われていない目にすることの無い、知識が求められる問題なんかは、キッパリ諦めるといいです。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度が高いレベルの司法書士試験で合格を得るためには、大事なポイントなのでございます。
例年、司法書士試験に合格した人の合格率は、2・3%程度となっております。長いスパンに渡る試験勉強時間との相互バランスを一考すると、司法書士資格取得試験がどのくらい高難度かが見通すことができるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|実際司法書士試験... | トップ | 司法書士|普通司法書士試験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL