13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|司法試験と同じような勉強法で行うのは…。

2017-06-15 19:40:04 | 日記

現在の司法書士に関しては、全体的に合格率が6%程度と周知されておりますので、オフィスでの事務系資格としましては、非常に難しいレベルの資格に入っています。しかしながら、全部の問題中6割合えば、合格できるのです。
現に法科大学院で学業を修めた方でも、合格できないことがあるわけですので、的確な成果が期待できる勉強法をよく考えて挑まなければ、司法書士試験にて合格を果たすというのは簡単ではないでしょう。
司法書士の役目をする身近な街の法律家として、法律問題で困っている人をお手伝いすることを担う司法書士のポジションは、社会的に地位の高い法律系国家資格でございます。だからこそ、受験の難易度もとても高めであります。
実際合格者の合格率は、司法書士試験の難易度具合が理解できるハッキリと見て取れる指標の1つであるわけですが、今日、この割合が大分低くなりつつあり、受験生の皆さんに注目されています。
難所である「税法の理論暗記」を中心とし、司法書士試験に向けての質の高い勉強法、なおかつ脳力開発、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましても徹底究明!更には記憶術とか、勉強に取り組む上で、有益な多様なツールを様々に紹介いたします。

科目ごとの合格者の合格率は、大よそ10%少々と、どの科目もそろって難易度高の司法書士試験は、科目合格制度のシステムを設定しているため、仕事しつつ合格を現実にすることが可能な、資格とされています。
実際に数ある国家資格と比較しても、難易度が相当難しい司法書士なのですが、されど合格への過程が計り知れないくらいシビアであるからこそ、資格取得を成し遂げた先には就職率の高さや報酬額、より高い地位を得ることが出来るということも考えられます。
難しい国家試験の司法書士試験に対しては、本気で取り組まなければ合格することはできません。かつイチから独学で合格しようとするのは、物凄くガンバル必要がございます。ほんのちょっぴりでも何か役立てるページとして利用していただければ幸いです。
現実、司法書士を目指すといった際については、学校にも通わず独学スタイルで合格しようとする方が少数となっていることもあり、実は他の法律系資格と比べますと、市販のテキストブックもさほど、揃っておりません。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして物の捉え方が出来る人」なのかどうかを見定められているみたいな、相当難易度の上がった試験になってきているのが、今の司法書士試験の真実ではないかと思います。

通信講座のケースですと、司法書士だとしても司法書士にしても、両方受験生の家に教科書などを配送して貰えますので、各人のペースで、学習することが可能であります。
さしあたって受験生たちが、司法書士の受験・合格体験記録などのものを、様々探し求めて拝見しておられるワケは、十中八九、どのような勉強法が己にフィットするのか、迷いが生じているからでしょう。
輪にかけて難しいと口々に伝えられている司法書士試験の難易度の水準は、大変高めで、毎年の合格率も多くとも3パーセントと、法律系の国家資格の中においても、上位の難関国家試験です。
実際に司法書士試験とは、司法書士として活躍するために必ず要る法令などの知識はじめ、応用力・考える力があるかどうかを、判別することを第一目的として、執り行われる門戸の狭い国家試験です。
司法試験と同じような勉強法で行うのは、初心者の司法書士試験に狙いを定めた受験生に比べて、トータルの勉強量がとんでもないものになる傾向がみられます。それのみか適う結末は迎えられず、コスパが低くなっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|予備校の司法書士... | トップ | 司法書士|根本的に司法書士... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL