13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|間違った勉強法を実践して…。

2017-06-17 14:00:02 | 日記

普通、司法書士試験に独学スタイルで合格を実現するのは、簡単にできることではないということを覚えておくといいでしょう。それにつきましては合格率がずっと10%超えしない現実からみても、ダイレクトに思い浮かべることができるはず。
実際に全資格試験科目の平均合格率の数字につきましては、概ね1割とされ、他の難関国家資格よりも、いくらか合格率が高く思ってしまうかもしれませんが、それにつきましては各々の科目の合格率ということであって、司法書士試験全部をひっくるめた合格率ではございません。
間違った勉強法を実践して、合格への道まで遠回りするということほど、意味の無いことはありません。確かで効率がいいとされるアプローチで短期集中で合格実現を果たし、司法書士の資格をとりましょう。
法人税法(所得税に関する一部を構成する法律)は、会社を営む場合に、決して欠かすことの出来ない基本の知識です。ですが、暗記することがスゴクあるために、業界内におきましては司法書士試験のナンバーワンに厳しい関所という風に言われます。
実際国家資格の中におきましても、難易度レベルが高い司法書士であるわけですが、合格に辿り着くまでの道のりが難儀であるからこそ、資格を取得した後には就職率の高さや報酬額、かつまた社会的身分の高い立ち居地を取得することができるようなこともありうるのです。

実際に司法書士試験の特筆すべき特徴を挙げると、定められた基準を軸に評価する試験が執り行なわれており、合格者の上限数をあらかじめ設けておりませんため、一言で言うと出題された問題の難易度の加減が、ダイレクトに合格率に関係することとなります。
近ごろは、通学して受講している方たちと、特段相違が無い勉強を行うことが可能となっています。そういったことを現実のものとしますのが、現在司法書士を対象にしている通信講座の中心的な教材となったDVDであります。
日本でも上位の高い難易度を誇る司法書士試験の詳細は、全11科目の法律の範囲より色々な問題が出ますので、合格したいなら、一年越しの勉強時間の確保が必須であります。
合格率の数値が僅か3%の超狭き門の、司法書士試験に合格しようとするには、独学でする試験勉強だけでは、上手くいかない場合が多く存在し、予備校に通学するか、通信講座(通信教育)にて試験勉強するのが一般的といえます。
勿論、司法書士試験に関しては、全力で臨むようにしないと合格できない、難易度の高い資格試験だと考えております。言ってしまえば確保できる大事な時間を最大限に活かして勉強を継続した努力家だけが、合格を手にすることができる実力本位の試験です。

大学で法律を専門に学ばなくても、これまでに一度も実務経験がなくとも司法書士の仕事に就くことは可能なわけですが、当然その分まるっきり独学という際には、めちゃくちゃ勉強しなければいけないことも絶対に必須でございます。己もオール独学で合格を手に入れたため、心底思います。
実際に「法的な視点で思考でモノを考えられる者」であるかそうじゃないかを見極めるような、大分難易度の上がった試験に変わってきていますのが、ここ数年の司法書士試験の実相と受け止めています。
一般的に司法書士の仕事は、国の法律資格試験の高い壁でありながらも、年齢関係なく人気があるその一方にて、試験合格後には、個人オフィスなどを立上げて、独立して開業を行うのも出来てしまう唯一の法律系専門試験なんです。
実際とても難しいと誰もが知る司法書士試験の難易度については、まことにキツイ様子で、合格率を見ても僅か3%くらいと、国家資格の中で見ても、トップを誇るまさに難関試験とされています。
通信教育(通信講座)だと、司法書士試験対象の事前策を全て網羅した、受験向けのテキスト教材が取り揃っているため、1人での独学よりも勉強の進め方が把握しやすく、勉強が効率よくできるのではないかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|実際科目合格制度... | トップ | 司法書士|並大抵ではないと... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL