13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|現実的に司法書士試験を独学にてパスすることは…。

2017-06-19 03:50:06 | 日記

基本司法書士試験におきましては、詳しい受験の制約なんてなくって、職歴・学歴は制限がありません。これまで、もしも法律の事柄を勉強をしたことがなくっても、知名度のあるような学校を卒業しておらずとも、関係無しに司法書士資格取得はできます。
法律学部を卒業していなくとも、ともに現場での経験をしたことが無くても司法書士にはなれるものですけれども、けれどその分全部独学というケースは、寝る間を惜しむくらいの勉強することも要必須です。ちなみに私も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、身をもって思います。
リアルに会計事務所OR司法書士事務所・司法書士事務所などでの本格的な経験を積んでいきながら、確実に頑張っていくような人のケースですと、通信講座の勉強法が適当といえるでしょう。
難易度の高い資格試験と知られております司法書士試験に関しては、本気で取り組まなければ合格不可能です。さらにまたイチから独学で合格しようとするのは、本気で取り組まなければいけません。受験生の皆様にちょっぴりであれどお役に立てるHPとして用いていただけるのならとても嬉しいことです。
つい最近は司法書士試験で合格を勝ち取るための、ウェブサイトはじめ、バリバリ現役の司法書士が、受験生の為にメルマガニュース等を発信していて、情報収集及び士気を高く持つためにも役立つかと思います。

実際に司法書士試験に関しては、スゴク高難易度でございます。合格率の平均は、ざっと10%くらいです。しかしながら、一度きりの試験でクリアするのではなし、何年もかけることで合格を狙うのであれば、そんなに実現できないことではないです。
DVD教材や、テキストだけでの学習方法に、ちょっぴり不安感があるのですが、現実的に通信講座を活用して、司法書士資格取得を実現した方もいっぱいおりますし、独学で進めるよりは、いいはずであると信じています。
大抵の専門学校・スクールには、司法書士用の通信教育の提供が行われております。それらの中には、iPod等の携帯端末だとかUSBメモリなどを使って、今の時代において最新の通信教育が受けられる、学校も多数でてきています。
無論のこと独学スタイルで、合格を目指すのは、できることといえます。しかしながら、例年司法書士については全10名受けて、1人も通過できないときもみられる難易度マックスの試験であります。資格を取得するためには、効率的な学習法を会得することが求められます。
学習にあてることができる時間が生活の中でいっぱいとれるといった人なら、模範的な勉強法を行えば、司法書士試験で合格できるかもしれませんが、普段から仕事に追われているなど多忙な人に対しましては、適切な対策だとは言えないと思われます。

現実的に司法書士試験を独学にてパスすることは、超困難ですけれど、勉強の進め方をアレンジするとか、有益な情報をちゃんと確認することで、ごく短期間で合格への道を目指すことも、できるものです。
司法書士については、もし全部独学だとしても合格を叶えられる資格といえるでしょう。確かに、会社勤めの人が前向きな姿勢で励む法律系国家資格としては期待大でありますが、一方で難易度もハイレベルとされています。
関門であるといわれております税法科目の「理論暗記」をメインとし、司法書士試験勉強法のアドバイス、さらに頭脳を鍛える方法、速聴や速読といったことなどについても余すことなく突きつめています!他暗記法の秘訣であったり、学習に、使えるあらゆる事柄を皆様に提供していきます。
司法書士の試験に合格して、そのうち「実力で前進したい」というような大きな野望を持っている方なら、もし司法書士の資格試験の難易度が相当高くても、その大きな壁もきっとクリアできるでしょう。
司法書士試験については、高難易度の国家資格試験となっているんで、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に通うようにする方が、より無難でしょう。と言っても、独学で行っても個人により、とても上手くいくケースもあったりします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|正直DVDでの映... | トップ | 司法書士|100パーセント独学... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL