13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|イチから全て独学でこなしてはいても…。

2017-06-10 17:50:06 | 日記

現実、司法書士試験については、壁が高いと認識されている、日本の国家資格の1つ。ここにおいては、目的の司法書士試験に必ずや合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、管理主自身の合格ゲットの体験談をベースとして色々記そうと思います。
門戸が狭いというように名高い司法書士試験の難易度については、まことにキツイ様子で、合格率を見ても2パーセント〜3パーセントと、日本の国家資格の中でも、最高ランクの難関系試験とされております。
実際に司法書士試験の勉強をやる上におきましては、集中力が長く続かなかったり、同じ精神状態を保つことがハードに思えたりマイナス面も実体験で経ましたけれど、全般的に通信講座を選択して、満足できたように思われます。
実際に司法書士試験では、それぞれの科目でわずか2時間しか試験時間がありません。受験する人たちはその制限時間の範囲内で、ミス無く合格点を得なければならないため、やっぱり要領の良さは求められます。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは司法書士事務所で働いて、実務経験を積みスキルを磨きながら、少しずつ勉強していこうという手順を踏むといった方は、どちらかといえば通信講座の方がおススメといえるでしょう。

イチから全て独学でこなしてはいても、勉強時間の管理や学習スタイルに対することなど、少々心配になるというケースでしたら、司法書士試験に的を絞った通信講座を受講してみるのも、ひとつの手段ではないでしょうか。
これから資格をとろうと受験学習をやり始める受験者においては、「司法書士試験に対しては、何時間ほどの学習時間を維持したら合格できるんだろうか?」ということが、チェックしておきたい点だと推察します。
国家資格5科目合格に到達するまで、長い年月がかかる司法書士の難関試験では、勉強を続けることが可能である状況が、肝要で、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、取り分けその部分が言えるかと思います。
司法書士の試験に合格して、将来いずれ「自分のみのチカラで新たな道を切り開きたい」とした積極的な志がある受験者でありましたら、もし司法書士の資格試験の難易度が高かろうと、そのハードルも確かに踏み越えることが可能だと思われます。
要するに司法書士試験というのは、司法書士の資格を取得するために要必須な基本・高等な知識や応用力・考える力を有するか否かを、ジャッジすることを大きな目的として、実行する最高峰の国家試験です。

今現在、または近々、司法書士資格取得試験に専門学校にも通わず独学で試験を受ける受験者のために作り上げた、特化した専門サイトです。ここでは合格を得るための身につけておくとベターなテクニックはじめ、現場での仕事の流れ、加えてその魅力的な部分を様々に伝えております。
税制の消費税法は、司法書士試験の科目内では、そんなには難易度は厳しくなく、初歩的な簿記の知識からちゃんと持ち合わせておくことで、相対的に簡単に、合格ラインに達することが実現可能でしょう。
仕事をしながら、司法書士の資格を目指すといった方もいらっしゃるかと存じますので、いかに自分の取り組めることを日常的に確実にやっていく姿勢が、司法書士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
大概の方たちは、よく知られた会社だし絶対バッチリとした、何一つ手がかりもない不得要領な理由で、考え無しに通信教育を選ぶもの。でも、そうしたことで決して司法書士に、合格するはずはないです。
厳しい関門といわれる「税法の理論暗記」を中心とし、司法書士試験の能率的な勉強法かつ効果的な頭脳エクササイズのやり方、速聴力&速読力に関しましても徹底追及!この他暗記力を高める方法だったり、受験勉強に、有用なモノ・コトを幅広く載せていきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|普通通信講座を選... | トップ | 司法書士|合格率のパーセン... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL