13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|簿記論の科目につきましては…。

2017-07-12 16:30:02 | 日記

実際に難易度がスゴク高い国家資格の試験に関係なく、一つの教科毎に都度受験することも認められておりますので、ですから司法書士試験においては、年ごとに5万名以上が受験申込みする、受かりづらい試験なのです。
毎年司法書士の合格率は、1〜2%位と認識されています。近年においては、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院という教育の場ができ、その学科をクリアしたら、新司法試験を受験することが可能な資格が入手できます。
司法書士向けの通信講座にて、一等お薦めしたいのは、国家資格の取得を心強くサポートしてくれるLEC です。取り扱っている専門のテキストは、司法書士を志す受験生たちの間で、非常に使い勝手の良いテキスト書だと評価が高いです。
司法書士試験に関しましては、1つの教科毎で120分しか受験時間が設けられておりません。その時間内に、合格水準の点を獲得しないといけないため、やっぱり要領の良さは大事になってきます。
少し前までは合格率十数%以上が一般的だった司法書士試験でありましたが、昨今は、1割以下の率でずっと定着をみせております。合格率一割以下である場合、高い難易度の難関資格のひとつとして、認められます。

原則的に司法書士試験については、歳や性別・学歴などの指定はないですから、誰であっても受験することが認められています。これまで法律についての知識を何にも持っていないという方であっても、確実な受験対応法をこなすことによって、合格も夢ではありません!
司法書士向けの講座を受けることができる予備校も学習法に関しましてもバリエーションが多いです。その事から、とても多くの司法書士講座の中より、働いている人でも両立して効率的に学ぶことが出来る、通信講座を開催している専門学校の比較をしました。
利点が様々に存在する、司法書士の予備校通学での効果が期待できる勉強法ですが、その分数十万円以上のある程度の料金が掛かるため、受験生皆がやれるものではないと言えます。
原則的に司法書士試験の特徴を挙げると、指標に基づき評価を行う試験方法でありまして、合格者の定員数を決めていないから、一言で言うと出題された問題の難易度レベルが、直接合格率に大きく反映されることになります。
簿記論の科目につきましては、把握しないといけない内容量は沢山ございますけれども、100%の割合でいろんなテーマの計算試験問題で出題されますから、司法書士は割りと完全独学でも、身に付けやすい種類の試験科目とされております。

会社に勤務しながら並行して勉強を行い、ようやく3回目の受験で司法書士試験に合格をした、己の経験を頭に浮かべてみても、このところ2〜3年の間の難易度は、スッゴク難しくなってきているように感じています。
一般的に、司法書士試験に独学スタイルで合格するといったことは、高難易度と言うことを知っておきましょう。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%超えしない結果をみるだけでも、誰の目にも明らかに思い至ることです。
今日、通学して講座を受けているという人たちと、あんまり相違が無い勉強が可能になっております。そのことを実現可能にするのが、今日び司法書士専門の通信講座の主流といえる教材とされているDVDで解説を受けるタイプのものです。
2006年度から、司法書士試験に関しましては、多数改正が実行されました。以前よりも憲法や民法等の法令科目が、重点を置かれるようになって、多肢択一の問題であったり、記述タイプの問題のような新タイプの問題といったものもお目見えしました。
わかりやすく言いますと司法書士試験は、司法書士の業界に入るために基本とする専門知識とともに、そのことの応用能力を有しているのかいないのかを、判断することを基本目的として、一年に1回行っている難関とされる国家試験でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|現実的に司法書士... | トップ | 司法書士|最近の司法書士に... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL