13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|ちょっと前までは合格率の割合が10%台を保っていた司法書士試験でございましたけれども…。

2017-06-20 01:30:06 | 日記

ちょっと前までは合格率の割合が10%台を保っていた司法書士試験でございましたけれども、現在においては、低下し1割満たない値でとどまっております。合格率が一桁台である場合、高難易度の法律系国家資格のひとつとして、認知されるのです。
実際に会計科目の簿記論は、暗記するべき総量はいっぱいですけど、大抵全て様々なシーンの計算問題で組み立てられているため、司法書士資格取得は国家資格の中では、比較的独学で取り組んだとしても、自分のものにしやすい種類の試験科目とされております。
連結実務の個別論点をやりはじめたら、基本関連性がある演習問題に出来る限りトライし、キッチリ問題に慣れるようにするといった勉強法を行うのも、司法書士試験の中での簿記論対策に関しましてはとっても効果的とされます。
1年に1度、2万名〜3万名程度が試験に挑み、その中の600人〜最高900人前後だけしか、合格を実現することができません。この部分に注目しても、司法書士試験難易度が超高いというのが把握できます。
司法書士資格を取得して、これから「独力で活路を開きたい」というような大きなやる気がある方であるなら、もしも司法書士の試験の難易度が相当高くても、その試練も確実に乗り越えることができると思います。

通信講座受講の場合には、司法書士であろうと司法書士であれど、いずれも住まいまで教科書などを送って頂けるため、それぞれの都合の良い段取りで、勉強を実行するのが可能です。
長所いっぱいの、司法書士専門予備校通学においての勉強法でございますけれど、合計何十万というそれ相応の投資が要されますから、受験生皆が通えるものではないと断言できます。
現実的に司法書士試験は、超難関と知られている、国家資格の中の1つです。当サイトでは、夢の司法書士試験に確実に合格するための能率的な勉強法等を、運営者自信の合格を叶えるまでのリアルな実体験をベースにアップします。
長期間にわたる司法書士試験勉強は、集中力が持たなかったり、モチベーション維持やコンディションを整えることが苦しいというような短所も感じておりましたが、全般的に通信講座を受講して、合格することができたといったように考えております。
ずっと前より、法律の知識ゼロより取り掛かって、司法書士試験合格に最低限必要とされるトータル学習時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実確かに、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、ズレが無く3000時間ほどと言われています。

平成18年度(2006年度)以後、司法書士試験の問題内容は、色々変わりました。それまでよりも法令科目が、重きを置かれるようになり、多肢択一の問題であったり、記述形式の問題といったようなこれまでになかった形式の問題も出題され始めました。
法律系の国家資格でありまして、深い知識・経験を要する業務を担う、司法書士と司法書士でございますが、難易度の高さは司法書士の方が難度が高くて、そうして職務内容に関しましても、色々な点で各々異なっております。
国家資格試験の司法書士試験の合格率に関しては、およそ10%程度と、難易度レベルが高めと知られているにしては、高めの合格率となっています。とは言え、最初の一発で合格できるのは、可能性がほぼゼロと言われているみたいです。
どの問題集を使用して勉強に取り組むのかなどより、いかような勉強法を選んで取組みを行うのかということの方が、断然司法書士試験で合格のためには重要視されます。
生涯学習のユーキャンの司法書士向けの講座は、毎年約20000名より受講の申込が集まり、何にも知識が無いような素人だとしても、堅実に資格を取得することが出来る効率的な勉強方法を自分のものにできるといった、信頼の置ける通信講座なのでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|個別論点の内容に... | トップ | 司法書士|現に…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL