13年の経験を持つ司法書士が教える負け組から勝ち組になるための報発信基地ブログ

13年の経験を持つ司法書士が受験に関する情報から独立、開業、勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログです!

司法書士|会社に勤めながらも資格の取得を目指して学習して…。

2017-07-31 00:10:07 | 日記

数年前までは合格率の数字が10%強が通常になっていた司法書士試験であったけれど、なんと今や、低下し1割満たない値が続いております。合格率一割以下である場合、難易度が高めの国家資格であるとして、考えてもいいでしょう。
安めの料金設定や対応する範囲を絞り込んで、学習の量を可能な限り少なめにしているタイムテーブル、ハイクオリティのテキストブックなどが大人気の資格取得に強いフォーサイト。近ごろ司法書士の資格をとる通信講座と言えばココがベスト、とされるくらい、受験生の間で人気となっています。
実際通信教育においては、学習教材の出来が結果を左右します。今日びはDVDですとかオンラインでの動画配信などの映像を使った講座も様々に取り揃っておりますが、それぞれの司法書士の資格取得スクールによって、教材内容は大分相違します。
実際数多くの受験生は、知名度の高い会社だから間違いないなどの、根も葉もない説得力に欠ける理由を挙げ、安易に通信教育を選んでしまいます。しかし、それでは難関の司法書士に、合格することは出来ないと思われます。
現実的に合格率3%前後の高難易度の、司法書士試験にて合格をするためには、一から独学での学習のみでチャレンジするといったことは、一筋縄ではいかないことがとても多くて、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して受験に向けて勉強をするのが大半でしょう。

学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方を交互に受講できるようになっている、「資格の大原」の専門学校におきましては、クオリティの高いテキスト一式と、経験豊富な講師陣で、常に司法書士合格を獲得した人の半分の成果を出す自慢の実績を誇っています。
基本的に司法書士試験を独学にてパスすることは、めちゃくちゃ難しいですが、勉強のやり方を能率的にするとか、情報を色々コレクトしていくことで、短期スケジュールで試験合格を果たすのも、可能といえます。
現実的に30万円以上〜、それともまた50万円〜必要な、司法書士専門の通信講座というのもしばしば見かけます。ちなみに受講する期間も、1〜2年の長期間の受講計画とされているのが、しばしば見られます。
実際司法書士試験の合格率の値は、約10%と、高い難易度であるとよく言われているにしては、高めの合格率となっています。とは言え、1発目で合格を可能にするのは、可能性がほぼゼロであると言われているみたいです。
資格試験に合格できないケースの、総勉強時間の危険性を考えますと、司法書士資格の受験はスクールの通信講座、他には通学授業コースを選ぶのが、安全ではないでしょうか。

もとより司法書士試験を独学にて行うのは、とても難易度の高いことですが、チャレンジしたいと考えておられる人は、第一に財務諸表論等の会計科目を学ぶことから開始することを推奨します。
会社に勤めながらも資格の取得を目指して学習して、とうとう3度目の試験にて司法書士に合格できた、自分自身の過去を振り返っても、昨今の難易度につきましては、著しく高めの傾向があるように感じています。
基本的に司法書士の職種は、全部独学だとしても合格することができる法律系国家資格のひとつです。目下、仕事をしている人がいざ一念発起で励む法律系国家資格としては将来性がありますが、隣りあわせで難易度もハイレベルとされています。
司法書士試験の試験勉強を行う過程においては、集中力が長く続かなかったり、常にモチベーションをキープすることが簡単ではなかったりというようなBADな要素も経験しましたが、全体的に見て通信講座を受講して、満足のいく結果が出たという結論が出ています。
現在は司法書士試験の対策を掲載した、オンライン上のポータルサイトとか、プロの司法書士が、受験者達用に定期的にメルマガなどを配信するサービスなどを行い、情報能力またやる気ともにずっと維持し続ける為にも利用できるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|お勤めしながら…。 | トップ | 司法書士|非常に難関とされ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL