国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

【ai】会計士|一般的に高い専門性を持つ法律の内容で…。

2017-07-01 10:20:09 | 日記

会社に属しながら資格をとるための勉強をして、3回目の正直で挑んだ試験で会計士に合格できた、私本人の体験過程を思い出しても、従前以上に難易度に関しては、めちゃくちゃ高めの傾向があるのではないかと思います。
基本会計士試験におきましては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの制限は設けられておりませんから、年齢に関係なく受験OK。もしも法律の事柄の知識を何にも持っていないという方であっても、質の高い受験対策を実施するようにすれば、合格をゲットすることができるでしょう。
メリットと思える点が多い、会計士資格取得の予備校に通学しての能率的な勉強法ですけど、トータルで数十万円という結構な金額が要求されますので、受験する人が全員やれるものではないと言えます。
実際に会計士に関しましては、一から独学で臨んだとしても合格を手にすることができる資格といえます。中でも現今、働いている方々が発起して挑む資格としては将来性がありますが、それと同時に高難易度とされております。
法令の知識を大学で勉強していなくても、並びに実務の経験ゼロであっても会計士の仕事に就くことは可能なわけですが、その分やはりまるっきり独学という際には、かなりの勉強時間・量とも絶対に外せません。自身も知識・経験ともゼロの状態から独学で合格できたので、それをかなり実感しております。

わずかな時間をフル活用し、勉学に励めますので、会社に勤務しながらまた家事などと折り合いをつけて会計士資格をとろうといった考えを持っている人においては、通信講座を受講するというのは、実に役立ちます。
実際に会計士試験におきましては、これといった受験資格というものはなくて、学歴に関しては一切関係ないものであります。それ故、従前に、法律関係の勉強をした経験があらずとも、有名な大学卒業の学歴を持っていないようでも、会計士の資格をとることは可能でございます。
法律系国家資格の、極めて専門的な要素を含む役割をする、会計士と会計士ですけど、難易度を見ると会計士の方がハードルが高く、その上担う役割内容も、いくらか異なる箇所がございます。
結論から言いますと、実際にオール独学でも、余すことなく、会計士のやるべき中身について理解することができましたならば、資格を有することは可能となります。ですけど、これにはよっぽど、長時間学習することが要必須であります。
実際に合格率のパーセンテージは、会計士の受験の難易度レベルを把握する確たる指標の1つですが、昨今、この数値が顕著に下り坂になっており、受験をされる人たちから注目を集めております。

演習問題を何度もやって理解度をアップし基盤をつくった後に、実践的な総括問題・思考問題へと切り替える、王道的な勉強法で進めていくのが、会計士試験のうちの簿記論科目に関しましては、実に役に立つようです。
一般的に会計士試験の主要な特徴を示しますと、達成度を評価する実力を問われる試験でありまして、合格者の上限数をあらかじめ設けておりませんため、一言で言うと出題された問題の難易度レベルが、明確に合格率に反映されることになります。
実際司法試験と近い勉強法である場合、事前知識の無い会計士試験に的を絞った受験生に比べてみて、勉強時間&勉強量が膨大になりやすいです。それに加えて思うような成果はあらわれず、対費用効果が低くなります。
どんな問題にも「法律をモノサシに問題に接することが可能である人」であるのかないかを審査されているみたいな、めちゃくちゃ難易度が厳しい試験になってきているのが、今時の会計士試験の現況と感じております。
一般的に高い専門性を持つ法律の内容で、難易度がかなり厳しいものですが、基本会計士試験においては、受験者のニーズに合った科目別合格制度の採用を行っているため、1教科ずつ5年にわたり別々に合格しても、良いとされる試験となっております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【プロデューサー】会計士|... | トップ | 【情報】会計士|近ごろは会... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL