国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|今日皆々様方が…。

2017-06-15 12:00:04 | 日記

常日頃から「法律を軸にモノの見方が備わっている方」であるかないかを判別するような、めちゃくちゃ高い難易度の試験にチェンジしてきたのが、現在の公認会計士試験の真実といえるのでは。
国家試験の公認会計士試験における合格率の値は、大よそ10%あたりと、難しい試験とされているにしては、他と比較して高合格率となっています。だけど、初めてのチャレンジで合格を得るといったことは、0%に限りなく近いということがわかっています。
基本公認会計士試験の独学での合格は、容易なことではありませんが、勉強の方法を変えてみたり、重要な情報を十分見聞きすることによって、わずかな時間で合格を勝ち取ることも、実現不可能なことではないのです。
一般的に公認会計士のピンチヒッターにもなれる頼れる街の法律家として、活躍の期待が寄せられている公認会計士においては、社会階級の高い資格に挙げられます。ですから、その分試験の難易度についてもとっても高いものとなっています。
兼ねてから、法律知識ゼロの次元から開始して、公認会計士試験合格にマストな勉強時間数は、「3000時間前後」と言われております。現実確かに、ストレート合格者の勉強合計時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。

今日皆々様方が、公認会計士合格の実体験を綴った体験記の類を、色々わざわざ見つけてチェックしている要因は、おそらく、いかなる勉強法が自分自身にベストなのか、迷いが生じているからでしょう。
合格率の数字が7%ほどと、公認会計士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い難関試験であります。とはいえ、不必要に臆する必要はありません。コツコツ努力を重ねることにより、誰でもバッチリ合格は目指せるでしょう。
公認会計士については、もし最初から最後まで独学でやっても合格を目指せる資格とされております。とりわけ今、仕事を持っている方が奮起して励む法律系国家資格としては可能性大でございますけど、それと同時に難易度もかなり高めです。
あらゆる情報を集めている教科書の中であろうとピックアップされていない、知識が必要となる問題におきましては、スッキリとギブアップするのもいいでしょう。要するに気持ちを切り替えることも、難易度の高度な公認会計士試験に挑戦するには、重要事項なのです。
どういった問題集を使って勉強をするのかというのではなく、どんな種類の勉強法を用いて取り掛かるかといった方が、ずっと公認会計士試験を通るためには大切なポイントとなります

現在は公認会計士試験対策用の、ホームページや、経験豊かな公認会計士が、受験する人にメールマガジン等を発信していて、情報収集能力かつ学習意欲を高く持つためにも役立つかと思います。
一年の内9月より、次の年度の公認会計士試験を対象に取り組み始めるとした方も、多くいらっしゃるのでは。1年間近く長期にわたる試験勉強では、本人に適切な勉強法を把握する創造性も求められます。
実際スクールの公認会計士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、そばに学校がどこにもない、毎日仕事が忙しくて手一杯、学校に通学しようとする時間がないという方たちに対して、個々のスクールでは、手軽な通信講座を取り入れています。
プロの先生方の授業をリアルタイムに受けられる学校へ通うメリット部分に関しては、大変魅力がありますけれど、前向きなやる気さえキープし続けることができましたら、公認会計士の通信教育での学習によって、望んでいる実力を得ていくことが出来るかと思われます。
難易度高の「理論暗記」を第一に、公認会計士試験の効率のいい勉強法、そして科学的な頭脳開発、速聴・速読法ということ等についてもパーフェクトに掘り下げております!このこと以外にも効率イイ暗記法や勉強時に推奨したい、実用的なツールを幅広く載せていきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|常日頃から「法... | トップ | 公認会計士|合格率3%くら... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL