国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|普段はサラリーマン・OLとして就労しながら…。

2017-06-19 21:30:05 | 日記

普段はサラリーマン・OLとして就労しながら、公認会計士になることを目標としているなんて方も存在しているはずだと思いますので、自らの進められることを毎日ずっと欠かさずこなしていく行動が、公認会計士試験にて合格を獲得するための1番近道になるといえるでしょう。
ここ数年、公認会計士試験に合格した人の合格率は、たった2〜3%です。必要とされる合計学習時間との相互関係に着目しますと、公認会計士の国家資格取得試験がどんだけ難関となってるか推測していただけると思います。
通常公認会計士試験は、1つの教科毎で2時間だけしか試験の時間が与えられていないです。決められたタイムリミット内で、ミス無く合格点を目指さなければいけないため、当たり前ながら問題解答のスピードは求められます。
実際に公認会計士に関しましては、全部独学だとしても合格を目指せる資格とされております。殊に今日び、会社員である人が頑張って挑む資格としては将来性がありますが、併せて難易度も著しくハイレベルです。
目下、もしくは将来、公認会計士に一から独学で臨む方々あてにつくった、情報配信サイトになります。その中では合格をする為の術・ヒントや、先輩公認会計士からのアドバイス・仕事内容、やりがいがある事柄などアップしています。

現実的に合格判定が出なかった時の、学習する合計時間数のリスクを思案しますと、公認会計士資格の受験は専門学校が提供している通信講座、もしくは学校での通学講座コースを選ぶようにする方が、堅実と言えるでしょう。
実際に費やすお金が30万円以上、さもなくば50万を超える額の、公認会計士対象の通信講座というのもしばしば見かけます。そうして受講期間についても、一年を越す長期に及ぶ計画で設定されていることが、一般的です。
実際に通信講座ですと、公認会計士にしましても公認会計士であろうと、どちらとも受講者のお家まで教本などを送付して貰えますから、皆さんで予定を立てて、学習するとしたことが可能であります。
実際に公認会計士試験の勉強をやる上におきましては、集中力を保持し続けることが出来なかったり、常時前向きなモチベーションを維持することが大変だったりとしたマイナス面も存在しましたが、全体を通して通信講座を受けて、満足のいく結果が出たと心底思います。
公認会計士資格に必須の簿記論は、情報のボリュームはたっぷりなものの、全体的に計算する問題で作り上げられておりますから、公認会計士資格は法律系資格のうちでは、他より完全独学でも、自分のものにしやすい試験科目内容とされています。

身近な地域の法律家として、法律の知恵をアドバイス&力になれる公認会計士の受験を申し込む時に、過去の学歴等は何も定められていません。つまり誰でも臨むことができますから、通信教育を提供している各会社でも、性別・年齢関係なく広く注目されているランキング上位の資格であります。
公認会計士試験を受験するときは、基本筆記タイプの試験だけしか存在しないという風に、思っていていいですよ。どうしてかと言えば、面談での口述試験については、余程マズイことをしない限り落ちるはずがない容易な試験のためであります。
実際公認会計士試験については、生易しい試験ではございません。合格率の数値は、大体10%ほどです。とは言っても、一回だけの試験ではあらず、数年にわたり合格を獲得しようというのであったら、そんなに大変なことではないでしょう。
全部独学での公認会計士資格の勉強法を選定する折に、まさに支障をきたすのは、勉強に取り組んでいる途中に理解できない箇所が発生した際に、回答を求めることができないということでしょう。
一般的に合格率の値は、公認会計士試験の難易度を確かめる判断基準の一つでありますが、ここ数年、このレートがありありと下向きで、受験される方々が注目しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|公認会計士の資... | トップ | 公認会計士|基本的に5種教... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL