国家資格である会計士試験。学生でも社会人でも合格するために必要なノウハウを東京出身の私がぎっちり詰め込んでお伝えします!

時間がない社会人だった私が、働きながらでも最短で公認会計士試験に合格したマル秘合格ノウハウ!

公認会計士|ほとんど独学で行っているのはすごいけど…。

2017-06-15 00:30:02 | 日記

現実1教科ずつ受験できる科目合格制となっているため、公認会計士試験に関しては、働きながら資格取得を目指す受験生も受験にトライしやくなっておりますが、同時に受験生活のスパンが長期にわたる風潮があったりします。これまでの先人の方の優れた勉強法にチャレンジすることも必要でしょう。
実際に5種類の科目に合格するまで、長い年数がかかってしまう公認会計士資格の受験では、勉強を続けることが可能である安定した環境が、大きなキーポイントであり、現実的に通信教育のコースは、特別そのことについて言えます。
現実30万円以上から、または50万円以上の金額の、公認会計士対象の通信講座も珍しいことではございません。これに関しましては受講スパンも、1年以上位の長期スパンの受講計画とされているのが、普通にあります。
はじめから会計事務所とか公認会計士事務所に勤務して、経験&実力を積んでスキルアップしながら、じっくり勉強に励むとした方は、通信講座を選択する方が最善といえるでしょう。
従前は合格率の数値が10%あたりあった公認会計士試験だったけれど、今日び、一桁の数値が続いております。合格率が全体の一桁といいますと、高難易度の国家資格の内のひとつとして、認められます。

昨今は公認会計士試験で合格を目指す、HPや、現役で活躍している公認会計士が、受験者を対象にしてメルマガニュース等を提供しており、情報を使いこなす力に加えてモチベーションを上げるためにも役立つかと思います。
国家資格試験の公認会計士試験の合格率に関しましては、10%位と、狭き門と言われているにしては、他の国家資格よりも高合格率となっています。ただし、たった一度きりで合格を可能にするのは、ほとんど0%というのが現実のようです。
公認会計士の資格は、国家資格試験の難しい関所でありながらも、年齢関係なく注目されており、そして晴れて合格した先には、いざ公認の個人事務所を起こして、自営で開業することも選択肢にある法律系国家資格試験となっております。
公認会計士試験につきましては、実際筆記形式の試験しか無いものだと、認識して構いません。その理由は、口述試験に関しては、ほとんどの方が落ちるようなことがない難易度の低い試験のためでございます。
法律系国家資格において、非常に専門的な業務を執り行う、公認会計士や公認会計士でありますが、難易度を見比べると公認会計士の方が難関で、それだけでなく活動内容にも、いくらか相違点が存在しています。

結局のところ、勉強スタイルは各人により違い独学で行っても、徹底的に、公認会計士全般に関しまして認識できるものならば、資格を取得することは難しいことではありません。さりとて、それには相当、長時間を費やす必要性があるのです。
学習にかけられる時間が昼夜たっぷりつくることができます受験生の方は、通常の勉強法でやり通すことで、公認会計士試験で合格を得ることも可ですが、会社勤めをしているなど多忙を極めている人にとりましては、現実に合った手段ではありません。
通学講座及び通信講座の2種類を並行して受けられるようになっております、資格取得専門の有名どころ「資格の大原」については、GOODな学習材と、経験豊富な講師陣で、毎回公認会計士合格者の半分以上の合格者を世に送る高実績を誇っております。
昔は一般的に公認会計士試験は、他と比較して取得できやすい法律系資格と伝えられておりましたけれど、近年におきましては大変ハードルが高くなっていて、全力で取り組まないとなかなか合格が出来ない資格と言われています。
ほとんど独学で行っているのはすごいけど、日程調整かつ勉強法等に、気になる点が存在するといった際には、公認会計士試験に的を絞った通信講座にて学習するのも、ひとつの良い方法なんではないかと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に9月位から…。 | トップ | 公認会計士|常日頃から「法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL